悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

2013.11.14

【幸福の科学】佐々木俊尚氏の「信仰も否定もしていない」という詭弁

佐々木俊尚氏が、ジョブズ霊について語るイベントに関連して、以下のようなツイートがありました。

当サイトを読んでくださっている賢明な読者の方なら一発で気づくと思いますが、これは「誤った二分法」の詭弁もしくは二者択一の詭弁と呼ばれるものです。そして、他者の批判が、あたかも二者択一を迫っているかのように誘導するストローマンの詭弁もしくは藁人形論法でもあります。

仮に、信仰と否定が同じ直線上に存在するとして、その間には無数の選択肢が存在します。たとえば、
・広告塔として名前を使われることを許諾するとか
・宗教団体の活動について、見て見ぬ振りをするとか
・雑誌に記事を寄稿するがイベントには出ないとか
・否定はしないが関わらないとか
色々な立場がありえます。
しかし、普通の人や君子は危うきには近寄りませんから、関与している時点で何らかの肯定よりの意図があることは明白です。AV(アダルトビデオ)を否定も肯定もしない人は、わざわざAVに出たりしませんし、AV男優として「腰の動きで、業界の問題点を表現したい」とか主張しても笑われるだけです。

そういうのを、美しい日本語で「綺麗事」と言います。覚えておきましょう。キ・レ・イ・ゴ・ト

そもそも、宗教にとって、根源的な本質の部分を否定されなければ、幾ら表層的な部分を批判されても痛くも痒くもありません。幸福の科学なら、「大川隆法はブッダの生まれ変わりである(だから霊言が出来る)」という部分ですね。だから、幾ら表層的な議論を深めたとしても、根本を認める以上は「伝道の手伝いに貢献した」こと以上でも以下でもありません。

まあ、トークが行われていないうちに批判するのも何なのですが、以下のツイートのように「幸福の科学の人とトーク」を「宗教団体の人とトーク」と言い換え(これを論点すり替えの詭弁といいます)、幸福の科学の主張を代弁しているようなので、あまり期待は出来なさそうです。

ところで、↓以下のような主張で「再定義w」とか言い出す人は、だいたいは勉強してないか理解できる頭が無い「疑似科学脳」であることが多いのですが(科学的に考えないという広い意味で疑似科学)、そっち方面に進んでおられるのでしょうか?「相対性理論が正しいことを前提とした現代科学の常識は見直す必要がある」みたいな。

2013 11 14 [カルト宗教] | 固定リンク | コメント (0)

2013.11.13

【幸福の科学】佐々木俊尚氏が、ジョブズ霊について語るイベント

佐々木俊尚氏が、大川隆法の呼び出したスティーブ・ジョブズの霊(いたこ芸)について語るイベントの詳細が、幸福の科学のサイトに掲載されていました。まさか出版記念イベントで「これはインチキだ」などとこき下ろすはずは無いでしょうから、「大川隆法の霊言は本物である」ことを前提としたイベントのようですね。
佐々木俊尚氏の、今後の「幸福の科学の広告塔」としてのご活躍をお祈りせずにはいられません。

【まもなく開催】ITジャーナリストの佐々木俊尚氏と幸福の科学の“ガチンコ対談" S・ジョブズ霊言書籍記念イベント(幸福の科学出版)

書籍『公開霊言 スティーブ・ジョブズ衝撃の復活』(大川隆法著)の発刊を記念し、幸福の科学出版株式会社は22日19時から、東京都千代田区の東京堂書店神田神保町店で対談セミナーを開催する。同書には、ジョブズ氏が亡くなって3カ月後の2012年1月、大川隆法・幸福の科学総裁が同氏の霊を呼び出してインタビューを行った内容が収められている。

対談セミナーに登壇するのは、ITジャーナリストの佐々木俊尚氏と、同書でジョブズ霊のインタビュアーとして登場する幸福の科学IT伝道局の林洋甫局長だ。

(中略)

佐々木氏は価値観が錯綜する不安定な時代に、宗教の重要性はますます高まっていくと指摘。人と人との結びつきが希薄になる中、人と社会を結ぶ受け皿の一つとして、宗教にその可能性があるとした。

対談セミナーのテキストである『スティーブ・ジョブズ 衝撃の復活』で、ジョブズ霊は「ネット社会の雑情報を選択する技術」「悟りを高めていくためのメディア」などのコンセプトについて語っている。それぞれの立場からメディアの未来を探究する2人は、ジョブズの霊言を題材にいったいどんなアイデアを語るのだろうか。情報社会の未来を見通すための示唆に富んだ内容になるだろう。


(強調は筆者)

参考
やや日刊カルト新聞: 佐々木俊尚氏(実物)が幸福の科学とコラボで炎上中

2013 11 13 [カルト宗教] | 固定リンク | コメント (1)

2013.11.11

佐々木俊尚氏と幸福の科学のコラボレーション

自称ジャーナリストの佐々木俊尚氏が、幸福の科学の布教に協力するようです。
最近、仕事減ってきてるんでしょうか?

11/22(金) ITジャーナリスト 佐々木俊尚×幸福の科学 IT伝道局長 林洋甫【対談セミナー】

やや日刊カルト新聞Twitterより。

参考
佐々木俊尚公式ブログ

私はしょっちゅういろんな人から批判されていて、良くある非難文句のひとつに「自称ジャーナリストの佐々木某」というような言い方があります(笑)

2013 11 11 [カルト宗教] | 固定リンク | コメント (0)

2013.07.04

自民党・丸川珠代と幸福実現党(宗教法人幸福の科学)

有名な話なんでしょうけど、今度の参議院選挙の候補者の名前をググっていたら、こんな記事を見つけました。

「幸福の科学」が政界進出信者が自民から衆院選出馬

宗教法人「幸福の科学」の教祖大川隆法氏が政界進出を宣言した。1月5日に行われた信者との質疑応答で「政党を作る。例えば幸福の未来党」「政治の動きと布教所の動きは一体。信者を増やしてください」などと語ったという。また別の講演では「今世紀中に総理大臣10名を輩出する」との目標を述べている。昨年の参議院選挙では、自民党本部の依頼を受けて教団が応援に回った。東京では元テレビ朝日アナウンサー・丸川珠代候補を支援。電話による投票依頼を信者たちが行った。

政界めざす「幸福の科学」が森田健作らを支援

与党政治家の幸福の科学(大川隆法総裁)詣でが続いている。

大川総裁は昨年から政界進出志向を明確にし、「信者から総理大臣を輩出し、公明党の代わりの政党を」と言明している。前回の参議院選挙では自民党の丸川珠代氏らを組織的に支援し、結果的に丸川氏は当選。これ以降、逆風の与党関連の現職や立候補予定者が何人も幸福の科学と接触している。

幸福の科学に「異変」 教祖夫人を一信者に降格

総選挙を控え、旗色の悪い自民党公認候補の「宗教団体詣で」が目立っている。かつての支援教団・霊友会が選挙から手を引き、立正佼成会は民主党の応援に回っている。代わって浮上してきたのが、政界進出を目論む幸福の科学(教祖=大川隆法・総裁)だ。昨年の参院選で当選した、自民党の丸川珠代氏の選挙応援を手始めに、次期衆院選では信者の擁立に動いている。

参考リンク:
自民党・小池百合子と幸福実現党

2013 07 04 [カルト宗教] | 固定リンク | コメント (0)