悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 唐澤貴洋弁護士の「あなたの名誉を守り隊」は、消費者を惑わす不誠実な広告サイト | トップページ

2019.08.22

髙橋健一法律事務所のサイトは、日弁連指針に違反する誇大広告の可能性があるため弁護士会に情報提供しました

先日、唐澤貴洋弁護士の「あなたの名誉を守り隊」は、消費者を惑わす不誠実な広告サイトという記事を書きました。記事を書く中で、日弁連が決めた弁護士の業務広告に関する指針の存在を知り、それに照らすと髙橋健一法律事務所のサイトも、ウソ大げさ紛らわしい広告の一種では無いかと考えるようになりました。

高橋健一弁護士と直接関係はありませんが、先日、ニフティに発信者情報開示請求を送ってきた株式会社エストゥルースの代理人をやっています。もしもエストゥルースが、この広告を見て「完全削除できる」と思って依頼したのだとすると、エストゥルースも被害者と言えます。
これ以上、紛らわしい広告がネット上に氾濫し被害者が増えるのは忍びないので、東京弁護士会に情報提供し対処を求めました。

以下、要点を説明します。

1.根拠なく「中傷・風評記事の完全削除」と断言

一般論として、削除を依頼したからといって削除できるとは限りません。にもかかわらず「完全削除」と断言するのは、「がんが絶対治る」という偽医療のようなもので、申し込みしようとする者の期待を過度に煽り正常な思考を出来なくする宣伝文句です。業務広告に関する指針にも、以下のように「使用については十分注意しなければならない」とされています。

Screenshot_20190822_1

13 広告中に使用した場合、文脈によって問題となり得る用語次に掲げる用語は、広告中に用いる場合には、文脈により、事実に合致しない広告、誤導又は誤認のおそれのある広告、誇大又は過度な期待を抱かせる広告等に該当することがあるので、これらの用語の使用については十分注意しなければならない。
(2)「完璧「パーフェクト」その他完全を意味する用語

たとえ単なる宣伝文句だとしても、弁護士のような専門家が使うべき用語ではありませんし、このような広告がまかり通れば「いかに上手く期待させるか」という、実績や能力以外の勝負となってしまいますので、消費者にとって不利益です。

2.専門分野の表示は指針の趣旨に反する

弁護士は、医者と違って専門分野の認定がありません。よって、客観的根拠のないまま「専門家」などと自称することを野放しにしてしまえば、依頼者にとって不利益となる可能性が容易に予想できます。業務広告に関する指針では「表示を控えるのが望ましい」となっていますが、客観的な根拠がない場合は表示を禁止すべき文言でしょう。

12専門分野と得意分野の表示
(1)専門分野は、弁護士等の情報として国民が強くその情報提供を望んでいる事項である。一般に専門分野といえるためには、特定の分野を中心的に取り扱い、経験が豊富でかつ処理能力が優れていることが必要と解されるが、現状では、何を基準として専門分野と認めるのかその判定は困難である。専門性判断の客観性が何ら担保されないまま、その判断を個々の弁護士等に委ねるとすれば、経験及び能力を有しないまま専門家を自称するというような弊害も生じるおそれがある。客観性が担保されないまま専門家、専門分野等の表示を許すことは、誤導のおそれがあり、国民の利益を害し、ひいては弁護士等に対する国民の信頼を損なうおそれがあるものであり、表示を控えるのが望ましい。専門家であることを意味するスペシャリスト、プロ、エキスパート等といった用語の使用についても、同様とする。

高橋健一法律事務所のサイトでは「ITに特化」「ネット風評対策に精通」などと書かれていますが、ネットを検索しても実績が出てきませんし、どの程度精通しているのか、まったく不明です。

Screenshot_20190822_2
Screenshot_20190822_3
また、一般の法律事務所では「2ちゃんねる対策」が×で、「IPアドレス開示請求」も△となっている意味が良く分かりません。
Screenshot_20190822_4
このように、あたかも「普通の弁護士では不可能なことでも、対応可能」のように表示することは不誠実ですし、消費者の判断を誤らせるものです。しかも、風評対策事業者の「IPアドレス開示請求」が△って、どういうことなんでしょう?風評対策事業者の多くは非弁業者だと思っていますが、非弁行為を助長するものだとすら言えます。

以上の通り、このような弁護士広告が蔓延するのは消費者の不利益かと思いましたので、高橋健一弁護士の所属する東京弁護士会に情報提供を行いました。

2019 08 22 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント

コメントを書く