悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 「社団法人日本IT調査会 和解業務執行部」なるところからメールが来ました | トップページ | muninでグラフが表示されないときのチェック項目 »

2014.06.24

弁護士、「整理屋」から仕事あっせん 東京地検が捜査(朝日新聞)

いわゆる「非弁提携」。弁護士の名前が出てないけど、誰だろう?

http://www.asahi.com/articles/ASG6N5S69G6NUTIL046.html

弁護士、「整理屋」から仕事あっせん 東京地検が捜査(朝日新聞)

2014年6月24日15時00分

 消費者金融会社への過払い金の返還請求などをめぐり、東京都内の弁護士数人が、弁護士資格を持たない「整理屋」と呼ばれる業者から業務のあっせんを受けていたことが朝日新聞の取材でわかった。「整理屋」はあっせんによって多額の利益を得たうえで、弁護士に報酬を支払っていた。一連の行為は弁護士法に違反する疑いがある。

 司法制度改革で弁護士が急増するなか、仕事に困った弁護士があっせんに頼っており、こうした法曹界の現状を「整理屋」が利用していた構図だ。東京地検特捜部もこうした事実を把握し、同法違反の疑いなどで調べている。

 朝日新聞の取材などによると、「整理屋」として弁護士に仕事をあっせんしていたのは、東京都台東区にあるNPO法人(すでに清算)の元理事長。消費者金融会社の元社員で、多重債務者から相談を受けて、過払い金返還請求などの業務を弁護士に紹介していた。

 弁護士らは実質的に元理事長に雇われる形で、元理事長は都内に弁護士のために事務所を用意し、事務員らも派遣していた。弁護士らが消費者金融会社と交渉し、過払い金はいったん弁護士名義の口座に振り込まれるが、この口座は事実上NPO法人が管理。元理事長はここから利益を得たうえで、弁護士には月に50万~100万円程度の報酬を支払っていたという。元理事長は2008年以降、少なくとも3千人以上の顧客を7人の弁護士にあっせんし、約3億8千万円の利益を得ていたという。

 元理事長は朝日新聞の取材に「弁護士に債務者を紹介し、利益を得ていたのは事実」と証言。弁護士の1人も「1年半で200人ほど紹介された。業務は派遣された事務員にほぼ任せていた。違法だと分かっていた」と話した。

 弁護士法は、弁護士でない業者らが報酬を得る目的で法律事務を弁護士にあっせんしたり、弁護士があっせんを受けたりすることを禁じている。この問題をめぐっては、元理事長が所得税約1億5千万円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反の疑いで東京地検に告発している。

■「簡単にもうかる仕事でありがたい」

 あっせんを受けていたのは、仕事がなくて困っていた弁護士だった。取材に応じた複数の弁護士が経緯を明かした。

 50代の弁護士は1980年代に弁護士になり、バブル経済が崩壊する前は年収が2千万円近い年もあった。だが、司法制度改革で弁護士が急増してからは年収が約600万円に。2008年から2年間、元理事長から数百人の顧客を紹介された。「簡単にもうかる仕事でありがたかった」

 40代の弁護士は6年前、知人に元理事長を紹介され、「困っているなら仕事を紹介しますよ」と誘われた。この弁護士は弁護士会から懲戒処分を度々受け、仕事がほとんどなくなっていた。元理事長が用意したJR神田駅近くの雑居ビルの一室で、5年間で約1千件の仕事をこなした。「法に触れるとは分かっていたが、助けてくれると思い、話に乗ってしまった」

 日本弁護士連合会は01年から、こうした問題への対策委員会を設けているが、懲戒処分を受ける弁護士は減っていない。同会副会長の高中正彦弁護士は「倫理研修を強化したい」と話す。

 最高裁によると、過払い金などの返還訴訟は06年から急増し、09年には民事訴訟全体の6割を占める14万件以上に。増え続ける弁護士の収入を実質的に補う面もあった。しかし、過払い金の問題自体が解消されたため、返還訴訟も12年には7万件弱と半減。日本貸金業協会によると、16年ごろにはほぼなくなると見込まれている。仕事を得られない弁護士が違法行為に走らない対策が求められている。

     ◇

 〈過払い金返還訴訟〉 金融業者に払いすぎた利息を取り戻す訴訟。いわゆる「グレーゾーン金利」をめぐり最高裁が2006年、利息制限法の上限(年15~20%)を超える金利での貸し付けを原則無効と判断。これを根拠に、時効(10年)にかからない過払い分を返還する訴訟が急増した。03年から、弁護士だけでなく司法書士も請求業務ができるようになり、業務の獲得競争が激しくなった。ただし、16年には返還訴訟はほぼなくなるとみられている。

2014 06 24 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント

Yourpedia ではYourpedia 内の既存の記事を参考にしたり、コピペ改変記事を投稿するのは許容されないのでしょうか。防人管理者が私の投稿した記事は「既存記事のコピペ改変記事のため」という理由で削除されたので、同様の質問を防人管理者にも致しましたが、対話に応じる気配がないので、Yourpedhia 創設者のSysop 氏に質問いたします。また、Yourpediaのトークページにも同様の内容を書きましたので、御回答の程宜しく御願い致します。

投稿者: Super Lemon 撲滅委員会 (2014/06/25 22:49:48)

コメントを書く