悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 最近、ネットストーカーが発生してコメント欄を荒らしています | トップページ | 出会い系サイトの「隠れ蓑」になっていた弁護士事務所ってどこだ2 »

2014.01.21

出会い系サイトの「隠れ蓑」になっていた弁護士事務所ってどこだ

所得隠しを行っていた出会い系サイトグループが摘発されましたが、「東京・神田の塗料会社の社長(65)が実質的に経営。その活動拠点に弁護士事務所を開業させるなどして、「隠れみの」にしていた」という、弁護士事務所がどこなのか気になります。

とりあえず、株式会社ラポーアンジェリックの本店住所は「東京都千代田区鍛冶町二丁目3番3号」なのですが、検索しても弁護士事務所はヒットしませんね。すでに懲戒されてるんでしょうか。

出会い系サイトが11億円所得隠し 全国で最大規模(朝日新聞) 2014年1月21日10時14分

 全国最大規模といわれる出会い系サイト運営会社140社のグループが国税当局の一斉調査を受け、2012年までの6年間で約11億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。140社はいずれも、東京・神田の塗料会社の社長(65)が実質的に経営。その活動拠点に弁護士事務所を開業させるなどして、「隠れみの」にしていたという。

 東京、仙台、関東信越、名古屋、高松、広島、福岡の各国税局の税務調査を受けたのは、ラポーアンジェリック(東京都千代田区)▽クイックフロー(さいたま市南区)▽リンクシステムズ(浜松市中区)▽ベイライフ(岡山県津山市)など140社。うち約40社が所得隠しを指摘されたとみられる。

 関係者によると、塗料会社社長は07年ごろから、息子ら数人と出会い系サイト運営会社を次々と立ち上げた。一時は100人を超える男性アルバイトが女性を装って利用者を募り、料金を振り込ませるなどして30億円超を売り上げていたという。「異性と会えない」などの苦情が相次ぐと、1~2年でサイトを閉鎖。会社の所在地を全国各地に移転させては、新たな会社を都内に設立した。

 これらの会社の社長には、月約10万円の報酬を支払う契約で知人に名義を借りていた。経営実態がわからないようにする狙いがあったとみられ、会社でもうけが出ると、架空の外注費を計上する手口で所得を少なく見せかけていたという。

 約40社が隠した所得は約11億円で、重加算税などを含む追徴税額は約3億円。しかし、塗料会社社長らは税務調査が終了する直前、約40社の社長をいずれも、知人の千葉県市原市の元建設会社社長(64)に変更。それぞれの会社は修正申告したものの、納税はしていない。

 元社長は取材に「国税局の調査にすべてを話した。税金は払いたいが、いまは資金がないので払えない」としている。塗料会社社長は取材に応じていない。周辺関係者らによると、社長は税務調査に対し、「サイトの立ち上げに関わっただけで、その後は関与していない」と答えたという。(村上潤治、木原貴之)

     ◇

 〈出会い系サイト〉 携帯電話やパソコンで、インターネットを通じて異性などと連絡がとれるサービスを提供するサイト。メールを交わした相手がサイト運営会社の「サクラ」だったとして、各地で利用料金などの損害賠償を求める裁判が起き、業者に支払いを命じる判決も出ている。国税当局による脱税事件の摘発も相次ぎ、昨年度は10件(前年度比4件増)で、職種別で初めて最多となった。
http://digital.asahi.com/articles/ASG1N627MG1NUTIL03Y.html

2014 01 21 [消費者問題] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント

コメントを書く