悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 勧誘目的不明示で摘発された例 | トップページ | auひかりの勧誘電話が掛かってきました4 »

2013.11.09

auひかりの勧誘電話が掛かってきました3

KDDIが、電気通信事業者の営業活動に関する自主基準に違反する勧誘行為を行っている疑いについて、auひかりの勧誘電話が掛かってきましたauひかりの勧誘電話が掛かってきました2の続きです。

総務大臣に意見書を送るにあたり、幾つか確認したい点がありましたので、KDDI第7コールセンター(0120-923-222)のコール部門リーダーである根本さんに質問してみました。なお、総務大臣に意見を申し出ることについては、根本さんに連絡済みで、そのための確認であることもお伝えしております。

Q.ヒアリングが終わるまではあくまでも「確認」の電話ということだったが、ヒアリングが行われる前に、最初の担当の方に「勧誘の電話をやってるってことですか?」と尋ねたところ「そうですね」と回答があった。これは、虚偽の説明ということか?

A.はい。虚偽の説明になります。

Q.その後、上司のタテノさんに「紹介ではなく、勧誘の電話ですよね?」と尋ねたところ、「失礼いたしました、勧誘でございます」と回答があったが、これも虚偽の説明ということか?

A.はい。虚偽の説明になります。

Q.根本さんの回答と、現場および代わった上司の回答が矛盾するが?

A.上から下まで、意識の統一がとれておらず申し訳ありません。私の回答が、正式な回答となります。

Q.虚偽の説明を繰り返したことについて、何らかの処分や対処は行われるのか?

A.内容が決まり次第、後日、連絡します。

Q.勧誘に関する苦情の申し出先として「KDDIのサポートセンターに」ということだったので電話を行い、昨日中に何らかの連絡がいただけるということだったが、サポートセンターからは何の連絡も無かった。

A.確認をして、11月11日に連絡をします。

Q.勧誘目的不明示である「アンケート商法」や「確認商法」のようなことを、今後も続けるということか?

A.「アンケート商法」や「確認商法」のようなことを行っているというご指摘に関しては弊社としてお答えすることは出来ませんが、あくまでも確認の電話をしてから勧誘を行っていることで問題ないと考えておりますので、改善などを行うつもりはございません。

2013 11 09 [消費者問題] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

コメント

コメントを書く