悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« ブラック過ぎる公務員待遇 | トップページ | 【資料】真光のチラシ »

2013.02.26

エンジニアのモチベーションを根こそぎ奪う!たった7つの魔法の言葉

1.テスト書かなくていいので、工数減らしてください。
ソフトを作る以上、なんらかのテストは必要です。実行して結果を見るとか、ブラウザで表示するとか。その確認を楽にするためにテストを書くのに、テストを書かないからといって工数が大幅に減るわけではありません。そして、いざバグが発生したりすると、切り分けのために工数が必要になり、「テストが無い部分のチェックの必要」や「不安」がエンジニアのモチベーションを削って行きます。
結局のところ、「バグが発生しないことを前提に」スケジュールが組まれるだけです。

2.とりあえず動けばいいです。
とりあえず動いたとして、特定の条件で発生する致命的なバグを許してくれるのか許してくれないのか、要求側の胸三寸です。実験レベルと商用レベルでは考慮すべき障害のレベルや影響範囲が異なるのですから、何を求めるのか明確にしないと、ソフトウェアは動きません。なぜなら、コンピュータは「とりあえず」なんて曖昧な命令を理解できないからです。動いて当たり前、要求側の想像と違うと責任を取らされる(残業や休出という形で)のに戦々恐々です。
# エンジニア同士の会話では、問題ない場合も多々あります。

3.スケジュールが厳しくなってきたので、明日から進捗確認のための朝会・夕会やります。
スケジュール管理できないマネージャーに限って、土壇場でスケジュール管理した「振り」をしたがります。進捗報告しても、結局は聞き流しているだけなので、単なる時間の無駄です。無駄な時間は、少しでも仕事を進めたいエンジニアのモチベーションを、浪費した時間の絶対値以上に激減させます。無駄なだけならまだしも、遅れを「糾弾」するようになったら有害ですらあります。

4.バグはExcelで管理します。
「チケットだと管理しにくい」とか良くわからない理由で、グループ編集機能の無いExcelでバグを管理するプロジェクトは良くあります。「今から編集しまーす」って声掛けしてから編集するなんて、効率が悪すぎます。バグ一覧(1).xls、バグ一覧(2).xls、バグ一覧20130227.xls、バグ一覧(最新).xlsなんて、見るだけでもおぞましいです。

5.(MS Project見ながら)1.5人日遅れてるようですが、原因は何ですか?
「マネージャーが適当に引いたスケジュールだからです」
ソフトウェアの作成は単純なデータ打ち込みとは違うので、正確な必要時間を見積もるのは大変難しいです。それでも経験により、ある程度の見積もりは可能となりますが、たいていの場合MS Projectで引かれるスケジュールは、メンバーの体調やプロジェクト上の問題発生を考慮しない、ギリギリのスケジュールです。すなわち、予定調和的にスケジュールは遅れていきます。「頑張って」としか言えないマネージャーなら、初音ミクに「頑張って」と言わせたほうが、まだマシです。
遅れを取り戻す方法として、「1のテスト書かない」が取り入れられることで、際限なくプロジェクトは遅延していきます。

6.○○管理台帳
ソフトウェアと台帳で情報が分散すると、その整合性を取るのに労力が使われます。しかも、台帳はえてしてExcelなので、情報の正確さが担保されないことが多々あります。SQL管理台帳のスペルミスや、attribute管理台帳の数値範囲ミスなんか、可愛いほうです。台帳を使うなら必要最小限で、ソフトウェアとの連携を自動化するなどの工夫が必要です。ファイル名管理台帳とか、変数名管理台帳とか良く見るのですが、何に使うのか良く分かりませんし保守しろと言われたら発狂します。

7.手触りを大事にしたいので、仕様をきっちり決めるのでは無くアジャイルで開発しましょう→○○が動かないので、確認できません。
結局、全部出来上がった後でしか確認(受け入れテスト)出来ない(確認する能力が無い)のであれば、ぐだぐだなだけの「ウォーターフォール」です。プロジェクト後半になって急激に上昇するバグ曲線を見て、うんざりしないエンジニアはいないでしょう。
一般に、日本で言う「アジャイル」は、「機能を追加しても、お金を追加で払いたくない」の言い換えに過ぎません。

参考:
デザイナーのモチベーションを根こそぎ奪う!たった7つの魔法の言葉

2013 02 26 [プログラム] | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/56842595

この記事へのトラックバック一覧です: エンジニアのモチベーションを根こそぎ奪う!たった7つの魔法の言葉:

コメント

コメントを書く