悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009.05.23

ペーパーステッチロックニャンピンク

リンク: Amazon.co.jp: ペーパーステッチロックニャンピンク: 文房具・オフィス用品.

買った

2009 05 23 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2009.05.22

[ConCool] ジェルコートF 6個入り+

[ConCool] ジェルコートF 6個入り+

買った

2009 05 22 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2009.05.21

Project Green vol.1-Forest City-

リンク: Amazon.co.jp: Project Green vol.1-Forest City-: オムニバス, STUDIO APARTMENT feat.Yasmeen Sulieman, CHIEKO KINBARA, DAISHI DANCE, COLDFEET, i-dep, DJ KAWASAKI, Weekenders, World Sketch, sakura&co feat.Kimara Lovelace, PAX JAPONICA GROOVE: 音楽.

買った

2009 05 21 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.05.18

WSD ( Woman Self-Defense) 戦闘糧食II型 「それゆけ! 女性自衛官」バージョン

リンク: Amazon.co.jp: WSD ( Woman Self-Defense) 戦闘糧食II型 「それゆけ! 女性自衛官」バージョン: 食品&飲料.

買った
なんだこりゃ?って感じ

2009 05 18 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.05.16

N95マスク(折りたたみ式) 1870

リンク: Amazon.co.jp: N95マスク(折りたたみ式) 1870: ヘルス&ビューティー.

買った

2009 05 16 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2009.05.15

松永英明氏は、なぜストリートビューに賛成するのか?

アルファブロガーで元オウム信者という珍しい経歴で有名な「松永英明」氏は、Googleストリートビューに賛成らしい。今日、そのことを知ったので、どういう理由で賛成しているのか知らないけれど、やはりストリートビューがあったほうが、「他人をストーキングしやすい」からだろうか?

というのも、松永氏は、わざわざ使者を頼んで私の実家を直接訪問させ、「サイトの記述を削除するよう」圧力をかけてきているからだ。普通の人は、実家の住所を調べて直接訪問するようなことはしない。そういうことをしたいと思えば、ストリートビューは正に役立つツールだろう。

そういう裏の「実力行使」と、ブログに書く表の「主張」の整合性は取れているつもりなのだろうか?

参考リンク:
ネットで実名を公開すると

補足:
なお、私は、「ストリートビューに賛成らしい」とは書いているが、「松永氏がストリートビューを擁護している」とは書いていません。あしからず。

2009 05 15 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2009.05.08

ネットプランナー御堂岡啓昭のはてなダイアリーが閲覧できなくなっている件について

本人は「和解に入ってますので一時停止です」と主張していますが、当方がはてなに削除要請を出し、はてな管理人が削除したため、閲覧できなくなっています。

和解が進んでいるという事実はありませんので、念のためご報告いたします。

参考:
御堂岡啓昭による個人情報暴露事件の控訴審の報告です

有名ネットプランナー(※)を自称している「御堂岡啓昭」なる人物が、匿名の影に隠れ、当方や当方の親族一覧を2ちゃんねるに掲載していたことに対する裁判の控訴審が、4月22日に行われ、即日、結審しました。いつも多大なご支援をくださっている皆様には、ご報告が遅れまして大変申し訳ありません。仕事が忙しいわパソコンが動かなくなるわで、ご報告が出来ませんでした。事後報告になったことを、お詫び申し上げます。

さて、御堂岡啓昭は、控訴審でも相変わらず「個人情報は、使用人が書いた」「反訴しろと裁判官に言われた」などと意味不明な発言を繰り返していましたが、裁判長はまったく意にも介さず、主張をさえぎる形で強引に結審をしました。判決言い渡しは、一応、6月24日午後1時15分からとなりました。ここで「一応」と書いたのは、裁判所の職権で和解勧告がなされ、5月14日に2回目の、和解のための話し合いが行われるからです。

それで、結局、御堂岡啓昭がどういう意図で当方の個人情報を2ちゃんねるに掲載したのかは不明ですが、彼は「ネット上のトラブル解決業」を自称していますから、そういう関係のものなのだろうかと思います。

しかし、何の資格も持ってない人物に、そういった依頼を行うのはトラブル解決どころか事件化することにしかなりませんから、大変危険です。というのも、御堂岡啓昭は、自身が管理本部長をつとめていたというベンチャー企業の取締役交代に際し、従業員の待遇が悪くなったということで従業員を代表して取締役に交渉に行ったそうなのですが、交渉の場で傷害事件を起こし、一審で求刑通りの有罪判決を受けているからです(2009年3月26日判決)。

その事件の内容も、被害者の妻の父親が亡くなった通夜が行われている最中に斎場に赴き、事実上、通夜を仕切っていた被害者を呼び出した上で、「オマエが会社を乗っ取ったんだ」と喚きながら殴ったという、まったく非常識極まりないものです。被告人である御堂岡啓昭は公判で、「話を聞いてくれないので、通夜の場に行けば交渉が出来ると思った」「殴っていないし、会って数分で帰った」「私は空手をやっているので、体が触れただけで相手は2メートル吹っ飛び大怪我をする。しかし、大怪我をしていないので殴ったという証拠は無い」などと主張していましたが、そもそも通夜の場に交渉に行くこと自体が意味不明であり、そのような交渉方法でトラブル解決が行えるはずが無いことは明らかです。

ちなみに、御堂岡啓昭は、自身の刑事裁判すら30分以上遅刻し、今回の民事裁判でも無断欠席や遅刻を繰り返すなど、裁判手続きというものを全く尊重していません。また、民事訴訟の敗訴後も、自身のブログで当方の親族の名前を書き連ね、「(原告の主張は)裁判長に却下と言われ続けていた」「延々とアホアホな訴訟が続いちゃう」などと誹謗中傷を繰り返しています。

ですから、たとえ和解によって相手が何らかの誓約をしたとしても(たとえば、「今後、インターネットには一切の書き込みを行わない」とか)、全く守られる保証はありませんし、和解はインターネットの今後に悪影響を及ぼすだけだと思うのですが、皆様はいかがお考えでしょうか?

今回、私の個人的な被害に対する事件でありながら、控訴後も、多数の方からのご支援や応援のメッセージをいただき、大変、感謝しております。と、同時に、個人情報の暴露や誹謗中傷を繰り返す「ネットストーカー」や、サイト潰しを請け負う「潰し屋」に対する潜在的な恐怖感が、多くの人々の中にあるのだろうと強く感じています。皆様のご意見を、お聞かせください。

※ 最近は、自称・元警察でタレントの「北芝健」氏のプロデュース活動を行っているようです。

2009 05 08 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック