悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 【法律メモ】裁判所法第七十四条 | トップページ | ナタデココ・ゼリーなら、大丈夫? »

2008.10.06

Googleが叩かれる根本的な原因

Googleが叩かれる根本的な原因は、プロプライエタリなくせにフリーライダーだからでしょ。

フリーライダーに批判的もしくは、非自覚的ながらも生理的な嫌悪感があればGoogleを叩くし、フリーライダーであることに気づけないもしくは、自分の権利がフリーライドされることに鈍感(いい意味でも、悪い意味でも)ならば「Google?何が悪いの?馬鹿なの?死ぬの?」ということになる。

要するに、ハムスターかハムスターじゃないかの違いwww

で、Googleに法的な規制が入ろうとすると、アムウェイ(←流通革命を起こした素晴らしい企業)の時のように、年次改革要望書で「Googleを禁止するとは、けしからん」と外圧が掛かったりするのかな?

でもまあ、日本の「人権」自体が、西洋の民主主義にフリーライドして出来たものだが、それがアメリカ企業にフリーライドされているのは面白い気もする。

参考リンク: Googleという反社会的企業 - ガ島通信.

ちなみに、私が注目する「これから叩かれるであろう」他のフリーライダーとしては、

が、あります。コンセプトは良いと思うので、早めに更正して欲しいものです。

2008 10 06 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/42699088

この記事へのトラックバック一覧です: Googleが叩かれる根本的な原因:

» [ネット]Googleは実はゴルゴム。(ショッカーでも可) from あなたわ しにました
秘密結社。現実に存在するそれは別として(でないとボクが狙われマス)、特撮ヒーローものの敵役として定番のそれは、強大な科学力と、莫大な資金を元に世界を恐怖のドン底に陥れ、自らの思想を超法規的に為し得ようとする存在。 ドキュメンタリーフィルム「仮面ライダー」... 続きを読む

受信: 2008/10/07 13:11:16

コメント

週刊東洋経済9月27日特大号でGoogleを大特集していたのだけど、
誰か偉いらしい人達の対談(80~83㌻)の中で
「最近、若者がアンチグーグルみたいな感情を持つようになった。」(81㌻)
との発言があった。

http://www.toyokeizai.co.jp/mag/toyo/2008/0927/

投稿者: (2008/10/06 0:37:15)

落合洋司、今日も緒方重威らの公判で被告人質問していたよ。
17時15分までの予定だったのに17時44分までかかってたw

http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/081006/trl0810061857018-n4.htm

産経の記事では検事らの名前が伏せられているが
東京地検特捜部副部長は奇しくもオチアイ副部長だったけど、
これって本当の実名なのだろうか。
今度の期日に訊いといて。

光市の事件に絡めたところで安田弁護士の名前も飛び出たよ。

投稿者: (2008/10/07 0:00:00)

asahi.com:グーグルストリートビュー 町田市議会が規制求め意見書 - 政治
http://www.asahi.com/politics/update/1010/TKY200810090350.html

2008年10月10日3時6分

 東京都町田市議会は9日、インターネット検索最大手・グーグルの「ストリートビュー」(SV)など、地図に写真を組み合わせて誰でも閲覧できるようにしたネット上のサービスについて、国に規制検討を求める意見書を賛成多数で採択した。「地域や個人への撮影告知も公開許可願もない」としている。ネットのサービスをめぐり自治体の議会が意見採択するのは異例。

 SVはグーグルが東京など国内12都市を対象に8月、無料公開した地図サービス。「グーグルマップ」で場所を選ぶと、同社の撮影車が路上から撮影した道沿いの画像が、パノラマ写真のように見られる。道案内などに便利な一方、家の表札や人の顔、車のナンバーが判別できる写真も公開され、プライバシー侵害との批判も出ている。

 意見書は、待ち合わせなどに有用という意見にもふれつつ、プライバシーや防犯上の問題点を指摘。個人や住宅などを無許可撮影、無断公開する行為を都道府県迷惑防止条例上の「迷惑行為」に加えることの検討や、必要に応じた法整備などを国に求めた。

 グーグルの広報担当者は取材に「掲載を望まれない方がいらっしゃるのも承知しています」とし、利用者が不適切画像をグーグル側に報告できる仕組みがあると説明する。

 山田健太・専修大准教授(メディア論)は「表札などは全世界の人にさらされることを予定しているわけではない」とグーグルに自粛を求めつつ、意見書について「公道での写真撮影やそのネット公開が制約されることは、市民の自由な言論公共空間を狭めることになりかねない」と指摘している。(小堀龍之)

投稿者: asahi.com:グーグルストリートビュー 町田市議会が規制求め意見書 - 政治 (2008/10/10 4:40:43)

コメントを書く