悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 2ちゃんねるに個人情報を投稿するなどプライバシー侵害をしていた、御堂岡啓昭氏を訴えました | トップページ | Googleストリートビューをめぐる対立構造 »

2008.08.29

Googleストリートビューの応用例

MIAUのシンポジウムで、主催者の人はストリートビューの応用例があまり思いつかないようだったので、簡単に思いつく例として「ストカーのクロール頻度を頻繁にして、顔認識、車のナンバー認識を使ってID付けし、『この店に行っている人は、この店にも行っています』というレコメンデーション機能を実現する」みたいなことを手を上げて発言してみたんだけど、みんな、こういうのはやらないと思っているのかな?

もっと簡単な例としては、顔認識で年齢・性別を判断して年齢別ホットマップを作るとかも思いつく。
# こういうのは、統計的なものだから誤差の範囲で確定できればいいので、24時間ずっと監視しなくても実現できる。

要は、Googleはあらゆる広告の効率を高めたい、すなわち「リアルの広告スペース」もAdwords/Adsenseで管理したいと思っているのだろうから、ストリートビューは単なる副産物だろう。副産物であっても公開しておけば、「自動販売機の設置スペースを自動で探せます」とか良く分からない応用例を実現する人も出てくるのが期待できる。「ストリートビューで、何をやりたいのか分からない」と言う人が多いみたいだけど、もしも「副産物」なのだとしたら分かるはずもない。

まあ、仮想ネットショップを実現しようとしている可能性もある(実際の店の画像をクリックすると、店のウェブサイトに飛ぶ)けど、そんな「いつか来た道」をGoogleパワーで実現するのかな?

ストリートビューに賛成している人は、どこまででも賛成するんだろうけど、「アウトロー(日本の法律が適用できないので、アウトロー)」が情報を握っているのは気持ち悪いと思うけどなあ。

参考リンク:
ストリートビューに写った自動車ナンバープレートは機械判読され得るレベル

2008 08 29 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/42306555

この記事へのトラックバック一覧です: Googleストリートビューの応用例:

コメント

ちなみに、MIAUの発起人八田とか言う人は、
私のmixi頻繁に覗きに来るんですよ。
そういうひとがストリートビューを支持しているんだから。
覗きに来たJPGとか貼ってみようかな。

投稿者: Kasumoerer (2008/08/29 6:21:26)

あくまで検索ベースを基本に考えると、町中のモノが検索できるようになりますよね。

非現実ですが手作業でやれば、ストリートビューに写ったモノはすべて検索できるようになるわけです。
たとえばコーラの自動販売機。今の画像認識技術ではこの程度のオブジェクトは自動的にインデックス可能でしょう。あとはGPSデータと組み合わせるだけ。

そのうち、電柱とかも検索できるのかもしれません。

投稿者: SevenTH (2008/08/30 13:14:55)

ストリートビューが「一定時間をFLVで可視化できるようにしました」ってオプションをつけると、人が楽器を練習しているところとか、ご飯を食べているところとか、ちょっといけないエロゲーをプレイしているところとかも、見られちゃうわけですよね。


こういうのも八田君は認めそうで怖い。ハッタリストなんて言う人だしね。

投稿者: Kasumoerer (2008/08/30 21:26:52)

コメントを書く