悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 天野 おこげスープ | トップページ | 子どもポルノの「写実的」とは、どのようなレベルなのか? »

2008.03.13

児童ポルノ単純所持違法化の動き

小倉秀夫弁護士や、MIAUには、是非「児童ポルノ単純所持違法化反対運動」や「準児童ポルノ(なんだそれ?)違法化反対運動」をやってもらいたい。

ダウンロード違法化なんかより、よっぽど影響あるでしょう。

まだ、どちらのサイトにも動きは無いけど、単なる「利権」で動いていたのかどうか、両者の見識が問われますね。要注目です。ちなみに、小倉弁護士は、FLマスク裁判の弁護人(代理人じゃなくて弁護人なので刑事事件です)も務めていたくらいなので、エロには寛容なはず(こういうのは、エロかどうかだけで思考停止する人がいるので、その点は重要です)。

ところで、プリティ・ベビーとか児童ポルノ(もしくは、準児童ポルノ)じゃないんでしょうか?
これ持ってたら逮捕とか、マジありえません。

※プリティベビーは、当時「13歳」のブルック・シールズが、不幸な生まれで12歳にして娼婦になる少女の役をやった映画。性交シーンは無いけど、素っ裸のシーンは、あったはず(意味的には、単に裸と言うだけでなく娼婦なので児童虐待)。でも、青い珊瑚礁に本人の裸は無かったから、記憶違いかも。

関係ないけど、映画の紹介ページをリンクしようと調べたら、一番マトモなのがAmazonだったというのは、どうよ?古い映画のレビューもするようなサイトが欲しいところ。

児童ポルノ:根絶訴え「単純所持禁止」で署名活動 ヤフー、MSも賛同

 子どもの性の商品化に歯止めをかけようと、日本ユニセフ協会は11日、児童買春・児童ポルノ禁止法の改正を求めるキャンペーンを始めた。18歳未満を写した性的画像・写真の単純所持を処罰対象に加えるとともに、マンガの虐待描写なども「準児童ポルノ」として違法化するよう訴え、賛同署名を集め、政府・国会に提出する。

 キャンペーンは子どもの人権問題に取り組むNGO(非政府組織)や学識経験者など25人が呼びかけ人となり、インターネット業界からもヤフー、マイクロソフト2社が賛同している。

 現行法では児童ポルノの販売・提供目的での所持は処罰対象だが、個人で収集するだけの単純所持は禁じていない。このため子どもが性暴力を受けた際に撮影された画像がインターネットを経由し拡散している。

 また、性的な姿態や虐待を写実的に描いたマンガやアニメ、ゲームソフトは被写体が実在しないとの理由で同法の対象外だが、違法化を求める。さらに、被害児童へのケア体制の整備や、関連業界の自主規制も求めている。

 国会内で開かれた記者会見で、呼びかけ人で日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんは「撮影された子のトラウマは一生消えない。法律が不十分では被害者を減らせない。ぜひ署名に参加し、子どもたちを救ってください」と呼びかけた。署名は日本ユニセフ協会のホームページ(http: //www.unicef.or.jp)から参加できる。【磯崎由美】

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080312ddm002040025000c.html


2008 03 13 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/40486678

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノ単純所持違法化の動き:

» いま起こっている事 5 リンク集 from Screaming Air
 とりあえず目に付いたサイトをまとめてみる。数が多いため基本的に順不同でサイト名とURLのみ。以前のエントリと重複有り。  陰謀論的だったり攻撃的なサイトも混じっているがあえて排除しなかった。... 続きを読む

受信: 2008/03/15 23:42:15

コメント

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/13/news016.html

投稿者: 3月12日はオンライン表現の自由の日 (2008/03/13 22:49:00)

米国連邦最高裁が「子供が性的に愛される権利」と「子供を性的に愛する権利」は憲法修正第1条で保障されているって判決出してるのに、
属国の日本が、古来からロリやショタを伝統とする日本が、何を言うか!売国奴は玉砕せよ!

投稿者: (2008/03/14 8:57:21)

米国ではレーガン大統領のときに子供の裸は誰がどんな理由で撮影したかにかかわらず全てポルノとみなすという最初の児ポ法が出来た。
親権者や本人の同意の下で撮影した業者も逮捕された。
単純な赤ちゃんの裸の写真、単純な子供の裸を含むホームビデオ等の撮影でさえ、
親、教師、牧師、神父、スポーツ指導者等が大量且つ当該青少年が逮捕を望んでいない場合や育児を必要とする場合にも逮捕された。
1996年には改正児ポ法を制定したものの2002年連邦最高裁は表現、思想、信条の自由を侵すとして違憲判決を下している。
この間子供好きな人たちは子供の世話をする職から追われ、愛された子供たちは「汚された弱者」という児ポ法推進派の望む被害者意識を植え込まれた。
学校、家庭、社会は子供に愛情を注がなくなり殺伐とした環境に変貌していった。

投稿者: (2008/03/14 9:00:18)

古来日本では数千年にわたり12歳~16歳(現在の11歳~15歳)で長子を産むのが一般的であったのだから,
たかだか240年足らずの歴史しかない米国の浅はかな価値基準に翻弄され、
「子供が性的に愛される権利」や「子供を性的に愛する権利」を侵害するなど無知にも程がある。
恥を知れ!

投稿者: (2008/03/14 9:01:50)

この法律が成立すると誰がどんな理由で撮影したかにかかわらず、
0歳~17歳までの裸の写真や映像を持っていれば逮捕されます。
米国同様、家庭で撮影された成長記録や家族写真、ホームビデオでも逮捕されるのです。
未成年者が自分のセルフヌードやカップルでお互いの裸の写真等を所持していても逮捕されます。
裸があっても12歳までの刑事未成年の子供の家族写真を子供が拒否しない限り、
親として記念に残す権利があってよいと思います。
13歳以上の刑事責任を問われる年齢では交際する相手を選んだり、
家族や恋人と自分の裸の写真等を共有する自由があってよいではありませんか。
権利は侵害しておいて罪だけは大人と同じだなんて、そんな法律こそ児童虐待そのものでしょ。
こんな法律は断固反対します!

投稿者: (2008/03/14 9:06:07)

野田聖子(生殖不能者)森山真弓(生理終了者)等が違憲濃厚な悪法を策定し青少年の性の権利や青少年を愛する人の性の権利を不当に制限し人権を侵害中

自分(生殖不能者)のためには犯罪だった違法行為を合法化し神の意思に反して体外受精も平然と行う

健常者が若いうちから子作りに励んだり出会い系で恋愛相手を簡単に見つけられては子供がたくさん生まれてしまい少子化を盾に国からカネを引き出すことは困難になる

少子化を助長する児ポ法や出会い系規制法を実現し満を持しての国会質問(平成14年12月11日(水曜日)第155回国会 厚生労働委員会)で少子化を盾に 「自分(生殖不能者)にカネを七兆円よこせ!」 と不妊治療(体外受精)の保険適用を迫る shugiin.go.jp/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/009715520021211011.htm

投稿者: (2008/03/14 9:08:16)

野田聖子(生殖不能者)パーティー券販売方式で営利目的の結婚式を挙げておきながら夫婦別姓を隠れ蓑に婚姻届も提出せず自民党鶴保庸介参院議員とあたかも夫婦であるかのように装う(わが国では偽装結婚という)

未婚のまま体外受精で母親になり生まれてくる子供に何をしようとしていたのか(わが国では母子家庭における母親の男児に対する性的虐待が顕著)

体外受精に失敗し子作りを断念するや否や(結婚もしていないのに)鶴保氏との離婚を発表

そして野中広務 小渕優子 岩屋たけし 小此木八郎 佐藤剛男 松島みどり など児ポ法と同じ顔ぶれでカジノ合法化を企んでいる

投稿者: (2008/03/14 9:08:55)

警察官の増員や民間刑務所の増設、それが児童ポルノ禁止法や人権擁護法の目的のひとつである。
どちらの法律も名前と中身がまったく違っているのは、すでに多くの国民が承知の事実。
すでに民間刑務所法がこっそり施行されており、児ポ法や人権擁護法推進派議員の地元に建設中である。
両法律とも権力者に不都合な人物に対し恣意的に行使することを予定している。
要するに学会以外の団体を支持する者や野党支持者等を重点的に素行調査、大量の犯罪者を量産し、
せっせと監獄に送り「犯罪率が増加している」と記事を書かせ、さらなる民間刑務所の新設による利権拡大を図るための両輪なのである。
このような企てをする不敬な売国議員どもは玉砕せよ!

投稿者: (2008/03/14 9:17:14)

色々、人権が侵されはじめている気がする・・・
なんか、時代が狭い方向に、
勝者がより勝者になりはじめている。
見えない精神世界まで法律で規制されると
どこかで
大きな過ちがおこり・・・
時代が恐怖政治に進んでいるような
きがします。
そう、思いませんか?

投稿者: たこやき (2008/03/15 22:47:58)

盗撮画像も個人で楽しむのなら、許されると聞いています。
アメリカに配慮するのなら、
個人所有でも
それを貼った人間の特定をして
逮捕させるほうが
よっぽど法律的には
かなっているように思います。
それに今はそれ以外の法律に専念すべきでは?
株価はどうする?
日銀総裁は?
野田、森山、議員なのだから、
そっちに力をいれるべき
時のようにも思うのですが・・・

投稿者: たこやき (2008/03/15 23:17:26)

えらそうなこと書く前に
まず、文頭に「私は児童の裸でオナニーしているものですが」
の一文を入れなさい。

投稿者: (2008/03/22 17:31:25)

趣旨が違う

投稿者: たこやき (2008/04/16 23:22:53)

偉そうな事を書いた事には、
謝罪します。
すいませんでした。
ただ、ここでのその発言は
趣旨が問題点が違います。
私個人への攻撃ですので。
水掛け論になるので
もう書きません。
あとハンドルネームで私のハンドルネームを
使わないで下さい。
間際らしいので。

投稿者: たこやき (2008/04/16 23:30:22)

punchいきなりコメントします。
このまま改正案が決まっても、
法決定→悪化(アメリカ、イギリスなどの過去の性犯罪のデータより)→法をさらに強化→さらに悪化って最悪連鎖の可能性アリ

投稿者: ひょっとこ (2008/05/05 23:47:08)

コメントを書く