悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« C# Tips: PEM形式のファイルを読む | トップページ | 小倉弁護士が、橋下弁護士に粘着しているのは何故だろう? »

2007.10.30

「不快な思いは我慢するのが、正しい日本人 by小倉秀夫」?

いつものことですが、また、小倉秀夫弁護士が変わったことをいっています。

別に、タクシー会社も銀行も、自分たちのことをタクシー会社様、銀行様と思っているが故に、「下々の一般庶民から何か言われることには非常に不愉快」としてそれらのクレームを尊重しないわけではなく、自分たちの顧客に本来あるべきサービスを提供することに外部から文句をつける特殊な人々のお相手をしているほど暇ではないからです。

小倉秀夫弁護士によると、タクシー運転手は「乗客を不愉快にさせる」のが本来あるべきサービス、銀行は「受付窓口で不快な思いをさせる」のが、本来あるべきサービスとのことです。それにクレームを入れる人は、クレーマーらしいです。

さらには、

「あんな悪いやつの預金の引き出しに応じるなどけしからん」と銀行にクレームをつけたりはしません。その種のクレームをつける人は、どこの業界でもおかしなクレーマー扱いするので

弁護士や弁護士会などが暴力団のマネーロンダリング口座(またはヤミ金口座)を凍結する要請をすると、内部的にはおかしなクレーマー扱いされるそうです。そういう内部事情は知らなかったので新鮮です。

そういう風に考えると、小倉秀夫弁護士が、一審で弁護していたTBC(注)なんかも「TBCはエステが本業。個人情報漏れたぐらいで、ガタガタ言ってくんなボケが!そんな特殊な人々のお相手をしているほど暇ではないだよ」と、思っていたのかもしれません。

(注) TBCは、2002年、管理していた約4万人分の個人情報をウェブサイトで漏洩させた。被害者が、個人情報を公開されたことに対する慰謝料を求めた裁判で、TBC側(代理人は、小倉秀夫弁護士ら)は、「謝ったので、精神的損害は無い」「インターネットのことは詳しくないので、漏洩に対する責任は無い」「漏洩は、テキスト形式のファイルであったため、パソコンの画面上では各人の情報の識別さえ困難(だから、損害は無い)」などと、意味不明な主張をしていたが敗訴。

2007 10 30 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/16916546

この記事へのトラックバック一覧です: 「不快な思いは我慢するのが、正しい日本人 by小倉秀夫」?:

コメント

趣旨を読み間違ってますよ。
確かに、小倉さんの文章は皮肉をこめすぎていてわかりにくいので、そちらにも問題はありますが。
3度ほど読み直してみてはいかがでしょう?

投稿者: こりき (2007/10/30 13:09:13)

読み直してみましたが、間違ってませんよ。
こちらの文章も皮肉をこめて書いているので、こりきさんが、読み間違ったのでしょうね。文章力足らず、すいません。

投稿者: Beyond (2007/10/30 19:15:48)

こりきさんまずあなたが三度くらい読み直すべきですね。

投稿者: この醜くも美しき世界人 (2007/10/30 19:17:09)

この感想は間違ってないかと思います。
そもそもちゃんとした窓口対応をしてくれる会社は、どんなクレームでもきちんと相手をしてくれます。
小倉さんはあまりにも狭い主観に偏りすぎているように思えます。

投稿者: koto (2007/10/31 0:50:23)

クレーム対応も顧客確保の原材料です。
損して得取れっていう商売の鉄則。
「いい店だな!」と感じさせてリピーターを増やすチャンスがある裏技に繋げられる。

実際に店舗を構えてる経営者ですら知らない人もいるのに、
弁護士程度がクレームについて語るなど笑止……!

投稿者: ファラナーク (2007/10/31 8:31:12)

うーん、小倉さんの意見の主眼は、橋下弁護士が顧客ではない一般人からのクレームと顧客からのクレームを(おそらく意図的に)ごっちゃにしていることにたいする批判だと思うのですよね。

上記の記事は、その意見に対する批判としては的外れというか、揚げ足取りに過ぎないと思いますよ。

まぁ、小倉さん自身があのブログの中で揚げ足取りをたくさんしているので、それを皮肉って揚げ足取りをしているとすればそれはある意味的を得ているのかもしれませんが。

投稿者: こりき (2007/11/01 19:17:14)

小倉弁護士は、タクシーや銀行の社会的役割と、タクシーや銀行が消費者に起こしうる何らかの不始末をわざと包含して書いています。これは意図的な包含でしょう。そしてその包含は、橋下弁護士が誘導している、事件に直接関係ない者の弁護士懲戒請求へ当てつけています。まさにbeyondさんの言われたおかしな点が、橋下弁護士にあるのだよという指摘を、小倉弁護士流の複雑な皮肉にしたということだと思いますが。そしてその皮肉の源流は、橋下弁護士の書く「弁護士様」という単語にかかっていて、その単語一つでもって、変な包含をしているのだよ、橋下弁護士は。と言っているんだと思いますが。
小倉弁護士の真の趣旨は、ある業種の社会的役割と、その業種が起こしうる個別的不始末と、そのそれぞれのクレームの性質を混同(包含)するな、ということだと思います。

こんなめんどくさい表現するブログには、個人的にはおつきあいしたくないですが(笑)

投稿者: みかんばこ (2007/12/04 13:16:28)

コメントを書く