悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 初音ミク HATSUNE MIKU | トップページ | 未踏ソフト、キックオフ・ミーティングが終わりました »

2007.09.02

「お金大好き」な人の言い分

いつの間にか、CNETの取材を受けた奴が記事になっていました。

IPAが採択した「グーグル八分発見システム」の深意

 「どのページを検索結果に表示しないかという判断基準は、グーグルではなく法にある」(グーグル広報)

東京都選挙管理委員会のサイトはグーグル八分を受けているわけなんですが、グーグルに言わせると、東京都選挙管理委員会は違法な活動をしているらしいです。「弁護士会は、何の落ち度も無い弁護士を懲戒処分している場合がある」とかおっしゃるアナーキー弁護士と負けず劣らず、アナーキーですね。

あ、しまった。アナーキー弁護士とか書くと、ストーカーに付けねらわれてしまいます(笑)。

2007 09 02 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/16314072

この記事へのトラックバック一覧です: 「お金大好き」な人の言い分:

コメント

比べてみると、Googleの

「どのページを検索結果に表示しないかという判断基準は、グーグルではなく法にある」(グーグル広報)

は「だから(またはなぜなら)Googleは無繆なのだ」と言っているわけですな。
これって、警察などが常套的に使っている「対応は適切だった」とそっくりで、不適切つまりは誤りがあったとすると、それ自体が「無繆でないのが許せない」ということなんでしょうね。

それじゃ保険制度が不要というか成り立たないしね。
もうちょっと調整が利いて当然だと思う。

投稿者: 酔うぞ (2007/09/02 1:34:36)

糸偏じゃなくて、言偏じゃないでしょうか?>無謬

警察は行政なので、公定力があるのも仕方ありませんが、Googleに許されるはずがありません。一度も判決を受けたことの無いGoogleが「法にある」と断言するのは、「法と同じ基準で判断が行える」と言っているに等しく、Googleの奢りでしかありませんね。

相手は自らの無謬性を主張する「(自称)神」なのですから、調整しようとする気が無いようです。

投稿者: Beyond (2007/09/02 1:59:22)

まぁ自称神を要求しているのだか、黙認しているのか分からないけど、批判しないところがダメだし、本来なら「万一に備えて」なんからの保険的な仕組みが必要なはずなのに、それに言及しないというか、問題点も研究してない、と言えますね。

投稿者: 酔うぞ (2007/09/02 2:43:40)

まだ2ちゃんねるの削除基準のほうが良心的。
むちゃくちゃな基準だけど、一応こういうばあいは削除します、削除しませんということは明言してる。

投稿者: ああ (2007/09/05 10:18:57)

コメントを書く