悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 小倉秀夫弁護士の体験談商法 | トップページ | 検閲官小倉秀夫さんには、見えないものが見えるようです »

2007.08.20

検閲官 小倉秀夫

小倉弁護士によると、削除と未承認は全く別物のようです。

Google八分に関するBeyondさんのコメントはあまりに痛々しいので全てを承認しているわけではないのですが、一度掲載したものを削除はしていないです。
http://benli.cocolog-nifty.com/la_causette/2007/08/post_baa3.html

「事前検閲して削除」するのと「未承認」が、閲覧者にとって、どう違うのか良く分からないのですが、「Beyondさんに誤読されないためには非常にまどろっこしい文章にする必要がある」の記事にコメントしたけど掲載されてないものを載せておきます。

小倉さんが、最初に出してきた喩えは、以下のようなものです。

>「あまりにリードが大きい→牽制死する場合がある
>  であれば
> 牽制死を既にしたもの→あまりにリードが大きいもの」
>ではありません。

それにたいし、次のように反論しました。

>少なくとも「リード」がある事実に変わりありません。

そうしたところ、新たに著作権違反の喩えを持ち出されたのですが、牽制死の喩えは適切だったのですか?不適切だったのですか?

著作権の喩えと牽制死の喩えは、同種のものなのでしょうか?

喩えでしか説明できないことが、すなわち、グーグル八分について良く分からず話していることの証拠でしょう。

2007 08 20 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/16174546

この記事へのトラックバック一覧です: 検閲官 小倉秀夫:

» BeyondさんのためにGoogleは存在せず、私もブログのコメント欄をもうけているわけではない。 from la_causette
 「私の意見の拡布には、民間企業ないし民間人といえども、明確な基準と適正な手続き 続きを読む

受信: 2007/08/20 9:28:18

コメント

コメントを書く