悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« ハチミツとクローバー COMPLETE BEST (完全生産限定盤)(DVD付) | トップページ | Rails関連本 »

2007.02.04

紹介文「グーグル八分とは何か」

グーグルと言えば、いまや押しも押されぬ大企業である。しかし、そのサクセスストーリーを決定付けた、ある「事件」があったことは、あまり知られていない。

目撃者の一人、ゲルトナー・ライアーは、そのときのことを振り返り、こう答えた。
「あれは…、まさにビッグバン…。そう呼ぶのに相応しい出来事でした。我々の想像を超える、何かの意思が働いたのです」

ライアーをして、そう言わしめた事件は、時間にして僅か480秒の出来事であった。誕生、そしてインフレーション。あらたな次元の扉は、もう開かれている。ライバル企業にとって、まさに失われた480秒は、のちに「グーグル八分(はっぷん)」と呼ばれるようになる。

この書籍は、「グーグル八分」を求める果てしない始まりの第一歩である。

2007 02 04 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/13779108

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介文「グーグル八分とは何か」:

» グーグル八分とは何か from 鯛の遊び絵
「グーグル八分とは何か」を読む。グーグル絶賛本が本屋に溢れている中、本書は貴重な一冊だ。 続きを読む

受信: 2007/02/07 10:48:32

» グーグル八分とは何か from 心の散歩道
 「グーグル八分とは何か」(吉本敏洋著)を読んだ。 いままでグーグルを信じ切って 続きを読む

受信: 2007/02/08 16:38:40

コメント

つ~か、一般的な日本語では「押しも押されもせぬ」なんだが?

「誤字等の館:押しも押されぬ」
http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/torii017.html

ま、本文の内容を考えれば「ふさわしい用語」なのかもしれないけど。

投稿者: Niimi (2007/02/04 20:15:29)

コメントを書く