悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 純金名刺 | トップページ | 2ちゃんねるに、繋がらない »

2007.01.17

アラキ工務店

http://www.kyoto.zaq.ne.jp/araki/index.html
株式会社 アラキ工務店
京都府京都市右京区梅津高畝町52番地の2
Tel:(075)882-8668
Fax:(075)872-0223
代表取締役 荒木勇

■7つの約束
http://www.kyoto.zaq.ne.jp/araki/araki/yakusoku/index.html
1.100%自社責任施工
2.100%メンテナンス
3.100%見積り完備
4.自社一級建築士が直接設計
5.見積り金額遵守
6.仕様変更も万全
7.次の代まで生かせる住まい

■AllAbout
https://profile.allabout.co.jp/pf/araki/

■事業内容(ウェブサイトの説明より)
京町家(町屋)や古民家のリフォーム、古材を再利用した住まいを提供している工務店です。

2007 01 17 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/13546329

この記事へのトラックバック一覧です: アラキ工務店:

コメント

http://www.kyoto.zaq.ne.jp/araki/news3.htm

> 一所懸命にやったのに、泣いちゃいます_| ̄|○

なんて書かれているけど、これって
一所懸命に煙草の灰を下地の中に入れていたってことか?

雪印の社長が「私だって寝てないんだ」と言った場面を彷彿とさせるね。

京都人は嘘吐きのインチキばっかりだな。

投稿者: (2007/01/18 0:05:02)

> (吉本さんからの依頼を受け、要望を掲載しましたが、大変たくさんの方がごらんになられるようになり、すこし当惑しております。
>
>  一(はじめ)さんとの件は、解決に向かっています。
>
>  ご心証を害することになるのも忍びないと思い、記事「悲しい出来事」は削除いたしました。)

結局隠蔽かよ
このままだとサンドバッグ状態

投稿者: (2007/01/20 21:13:12)

■概 要
 

 平成18年1月3日、弊社のお施主さまがある苦情を頂戴しました。

 弊社としては、精一杯させていただいたのですが、ご満足いただけない結果に終わり大変残念に思っております。


 --------------------------------------------------

 H16年のことです。弊社に「家が傾いているので見て欲しい」との連絡をいただきました。ある住宅メーカーさんが建てられた戦後の一戸建ての建物で、現場調査にお伺いしたところおっしゃるとおりお住まいが傾いておりました。

 そこで、まず、「そのお住まいを施工された建設会社さんに改修を依頼する」ことをお勧めしました。しかしその建設会社さんでは対応できないとのご返事でした。このままほっとくわけにもいかないと思い、「弁護士さんに相談して損害賠償してもらう」のがいいと思い、弊社の知り合いの弁護士さんを紹介しました。しかし、既に築30年以上経っている建物で訴えるのは無理だとのことでした。

 そうなると、費用をかけて直すしかありません。弊社としても忙しい時期だったのですが、お住まいの状態を考えると余りお待たせするわけにもいかないと思い、応援の大工さんを入れて改修することにした次第です。

投稿者: 悲しい出来事 (2007/01/22 21:08:25)

■苦情内容について
 

煙草の吸殻について

 お施主さんから「煙草の灰が下地の中に入っているかもしれない」という連絡を頂戴しました。
 実際、ボードをめくって、おっしゃる場所を調べたところ、下地内に吸殻が見つかりました。
 これは大変恥ずかしい事で、弁解の余地のない出来事です。お施主さんに満足いただいて初めて成り立つお仕事ですので、施工した内部地・断熱材を全て撤去し、新しい大工に入れ替えました。今回、耐震補強が目的でしたので、内部は構造用合板で体力壁仕様にしておりましたが、そうした合板類も全て撤去し、新しい材料を入れなおして再施工させていただいた次第です。
 工事をした大工もお詫びに伺いましたが、誠意が伝わらなかったようで大変残念に思っております。(この煙草の不手際を起こした職人さんは、これで弊社とのご縁はなくなりました)

通り柱の挫屈について

 「通り柱が折れているのに放置」とおっしゃられております。お引渡し後、半年ほど経過した時にそのような申し出を頂戴しました。

 煙草事件がありましたので、室内の内部地は断熱材も含めて一旦全て撤去させていただきました。もし、ご信頼いただいていない状態で再工事をするのは、お互いに不安が残ります。そこで、「弊社で引き続いて施工させていただいて良いでしょうか?」とお伺いし、数週間お考えいただいた後、施工をさせていただいています。
 その際、内部は全て見える状態にありましたので、私も、職人も、そしてお施主さまも通り柱の状態を確認しております。
 外からみると通り柱がないほど、挫屈しているように見えましたが、幸いなことに、通り柱は建てられており、柱は折れていませんでした。挫屈しているように見えたのは、外壁が浮いているためでした。
 お住まいの内部はジャッキアップし、柱はできるだけ垂直になるように努力しています(各柱の施工後の倒れ具合も施主様に図面に描いて渡しています)。しかしながら、外壁の傾きはそのまま残りました。外壁の下地のやりかえは予算範囲外だったからです。

 もし、通り柱が折れていれば、チェーンで引っ張る事はできません。この点について、真摯にご説明させていただいたのですが、ご納得いただけませんでした。内部下地~化粧材を全て入れてから、「通り柱が折れていたはずだ」とおっしゃられ、ご説明に苦慮した次第です。

 「仕上がっている内装を撤去し、折れているかどうか確かめますか?」ともお勧めしたのですが、もし折れていなかった場合に費用をご負担いただくことになることをご説明したところ、断念されました。 弊社としては精一杯させていただいたのですが、弊社の思いが伝わらず大変残念に思っております


2006/1/19

投稿者: 悲しい出来事 (2007/01/22 21:09:15)

コメントを書く