悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« パレートの法則 vs. ロングテール現象 - @IT | トップページ | 図書館の自由に関する宣言 »

2006.09.08

アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い” - ネット・エコノミー解体新書

ロングテール(を勘違いしている人)に関する参考リンク

リンク: アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い” - ネット・エコノミー解体新書 - nikkeibp.jp.

「ロングテール」の概念図

品目別売上の上位20%が「ヘッド」、下位80%が「テール」。「ロングテール」は、「テール」による売り上げが「ヘッド」による売り上げを上回る現象のこと。

ロングテールに関する不勉強はともかく、何で通販の「セシール」とかと比較してないんだろう?

参考リンク:
ロングテールは、何が「ロング」だったのか?

2006 09 08 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/11808853

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンと、ロングテールに関する“大きな勘違い” - ネット・エコノミー解体新書:

コメント

あーこのコメント欄の「それ」って僕です。

ロングテールに関する批判は7月末から8月上旬にかけて
NBonline
アナタハ「ロングテール」ヲ信ジマスカ?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060806/107583/
ロングテール礼賛を超えて
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20060726/106857/
あたりで行われているみたいですね。

テールの割合が増えるって言うのは、『The Long Tail』の本に書かれてれていたそうですね、「テールがヘッドに今から5年以内に追いつくことが示されている。」って。アナタハ「ロングテール」ヲ信ジマスカ?の孫引きですけど。こいつは見落としてました。お恥ずかしい。

HOTWIREDのアンダーソン氏、最初の記事では「テールでも儲かる」(パレードの法則については曖昧に表現)だったのが、本では「法則が変わる、80:20ではなくなる」と明確にして、最近叩かれてるみたいです。

探しものの一つ目は見つかったんですが、パレードの法則の割合が変わる理由(テールの絶対数が増えればヘッドの絶対数も増える、それにポジティブフィードバックで一部の商品に人気が集まる仕組みを提示している、なのに何故テールの売り上げの割合が増えるのか)はいまだに見つかっていません。ここがわかれば「胡散臭い」が「間違っている」(あるいは正しい)になるんですけど。

投稿者: bywordeth (2006/09/09 1:38:25)

ロングテールかどうかは分からないけど、ミスミは儲かっているよ。

投稿者: とおりすが (2006/09/13 15:14:28)

コメントを書く