悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005.08.28

DEATH NOTE 8 (8)

リンク: Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE 8 (8).

買った

2005 08 28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

マンガ法律の抜け穴 (ミステリーファイル悪徳の罠篇)

リンク: Amazon.co.jp: 本: マンガ法律の抜け穴 (ミステリーファイル悪徳の罠篇).

買った

2005 08 28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ぜんぶホントの悪徳商法 私たち、カモられました!

リンク: Amazon.co.jp: 本: ぜんぶホントの悪徳商法 私たち、カモられました!.

買った

2005 08 28 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.26

タイトーメモリーズ 下巻(特典タイトーメモリーズブック 下巻付き)

リンク: タイトーメモリーズ 下巻(特典タイトーメモリーズブック 下巻付き).

買った。
上巻はゲームの出来とか、一部イマイチな内容だった。でも、お得なことは確かなので、とりあえず買っとけみたいな。

2005 08 26 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.24

ライブドアの法人登記が取れなかった

投稿が勝手に消されたと言う件もあるので、ライブドアの登記簿を取ろうとしたら、何か知らないけど取れませんでした。

最初、六本木ヒルズに本社があるんだろうと思って港区で調べてみても見つからないので、WEBサイトの会社概要で確認してみると、どうも新宿にあるらしい。で、新宿区で調べると「新宿区歌舞伎町二丁目」に見つかった。

でも、実際に請求してみると「請求のあった会社・法人等は登記事件の処理中です。登記が完了した後に再度請求してください」と言われて、取得できない。登記事件って何?何か問題でも起きてるんだろうか?

2005 08 24 | 固定リンク | コメント (3) | トラックバック

2005.08.23

野口さん、宇宙でニュータイプに目覚める

リンク: asahi.com:野口さん「思う存分暴れ回った」 衛星テレビで帰還報告.

「船外活動中、太陽が隠れて闇が襲ってくるという第六感があった。体が予感めいた感覚を感じたのが面白かった」と振り返った。

noguti


2005 08 23 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.22

皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-

リンク: Amazon.co.jp: 本: 皇帝ペンギン -La Marche de l'empereur-.

買った

2005 08 22 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.08.12

キリストの幕屋と、つくる会

最近郵便ポストに、「生命之光」と言う小冊子が入れられていることがあります。聖書がどうのこうのと書いてあるので、キリスト教系の機関誌かと思えば、突如、「我らの信条:我らは、日本の精神的荒廃を嘆き、大和魂の振起を願う」とか出てきて、何だか違和感を感じます。調べてみると、これは「キリストの幕屋」が発行している冊子のようです。

この「キリストの幕屋」、その名の通りキリスト教系の新興宗教団体らしいのですが、なぜか靖国神社を参拝しているそうです。日本平和神軍も靖国参拝していますが、なんか、そういった団体の中でブームなんでしょうか?

また、「新しい歴史教科書をつくる会(通称、つくる会)」の支持母体が、この「キリストの幕屋」らしいです。WEBで調べた感じでは、「つくる会」から人が離れていくとともに「キリストの幕屋」が勢力を伸ばし、今では切っても切り離せない関係になっているようです。さらに、「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)」でも勢力を伸ばしているそうです。全く知りませんでした。調べてみるもんですね。

簡単に関係をまとめると、以下のような感じになるみたいです。

参考にしたページ:


2005 08 12 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

ティンクルスター・スプライツ

最近は、PS2のティンクルスター・スプライツで、ネット対戦。
現在のところ、30勝65敗。ネットのラグに加えて、パットじゃ上手く操作できない。
ってことで、リアルアーケードProを買おうと思ったら、在庫切れ。

2005 08 12 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.05

安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学

リンク: Amazon.co.jp: 本: 安全神話崩壊のパラドックス―治安の法社会学.

買った

2005 08 05 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.08.03

水と燃料の磁気処理:神話か魔法かそれとも科学の本流か?

磁気処理水資料室を読もうと思ったけど、英語と日本語が交互にあって読みにくいので、日本語だけ抜き出してみた。

水と燃料の磁気処理:神話か魔法かそれとも科学の本流か?

 磁気処理には、水を軟らかくしたり燃料の可燃性を高めたりする効果があるといわれている。本稿では、これらの主張が十分なデータに裏付けられていないことを明らかにする。

 磁石は冷蔵庫に使われているだけのものではない。磁石は、血液の流れを促進し、病気の治療や予防に効果があり、自動車の走行マイル数を増加させ、植物の成長を促進し、水を軟らかくし、虫歯を防ぎ、コンクリートの強度を増加させるという主張が磁石の提供会社によってなされることがある。これらの主張には、実験的根拠があるものもある。しかし多くの場合は根拠がない。本稿では、燃料と水を磁気処理するメリットについて述べる。

 水や燃料を磁気処理するシステムは、いろんな業者によって販売されている。磁気処理(magnetic treatment)をキーワードにしてインターネットを検索すると、磁気処理システムを販売している業者のウェブページが大量に出てくる。磁気処理システムが大手のチェーンストアで販売されたり、通信販売のカタログに広告が出たりすることは稀である。磁気処理システムの製造者はそれぞれ別の販売会社を通して販売を行っているので、よりエキゾチックな磁気処理の効果を主張することには関わっていないかもしれないし、消費者や卸売り業者が信用しないために小売り店での販売があまり行われないのかもしれない。ともかく、水や燃料用の磁気処理装置は、通常、金物店や自動車部品店では入手できない。磁気処理装置が一般の店では手に入らないために、消費者は水や燃料の磁気処理とはキワモノの科学だと思っている。磁気処理に対するこのレッテルが正しいかどうかが本稿の主題である。

主張されているメリットと効果

 水に磁気処理をすることによる効果として主張される内容は、業者によってまちまちである。磁気処理は単に配管中やヒーターへのスケール付着を防ぐというものから、もっと突飛なものまである。その他の効果としては、水を軟らかくするとか、植物の成長を促進するとか、磁気処理した水を使うことで病気を予防できるといったものがある。水の磁気処理装置には1個以上の磁石が使われており、その磁石が水道水の配管を外から挟み込んだり配管の一部に組み込まれたりする。磁気装置の値段は100ドルから600ドル以上にわたっている。

  燃料用の磁気処理装置も同じような構造である。1個以上の磁石で、ガソリンタンクとキャブレター(あるいは燃料インジェクター)を結ぶ配管を外側からクランプしたり、磁石を配管の一部に挿入しれたりする。これらの装置の効果は、有害な排気ガスの排出を押さえたり、より完全に燃焼させたり、エンジン出力を増加させたり、エンジンの寿命を長くしたり、10あるいは20パーセント燃費を良くしたりするとされる。自動車用の磁気処理装置の値段は50ドルから300ドルである。

  ほとんどの場合、これらの磁気装置の供給者は、主張の証拠となる試験結果を示すことができない。そのかわりに、その装置を採用したという噂のある会社や自治体のリスト、科学的な雰囲気のする水や燃料に対する磁気処理効果の説明といったものを証拠を採用している。しかし、磁気装置の供給者が文献を引用しないからといって、磁気処理についての信頼できる文献が存在しないわけではない。磁気処理の効果に関する試験報告書や論文の入手は可能である。本稿では、水や燃料の磁気処理についての実験的証拠について報告する。

磁石と磁気

  多くの人々にとって、磁石は全くの謎だろう。磁石を使って詐欺を行う業者は一般人の無知を利用するので、磁気の基礎について知っていればうさんくさい主張を見抜くのに役立つ。

 磁場は、電荷を持った粒子が動くことで生じる。例えば、電線を流れる電子は電線の周りに磁場を作る。電子が動くことによって作られる磁場は、多くの家庭用器機や自動車、工業用の機械で使われている。最も単純な例は、鉄芯のまわりに電線でコイルを巻いて作った電磁石である。磁場は、電流がコイルに流れているときだけ生じる。

 永久磁石には電流は必要ない。永久磁石の磁場は、磁石を構成する原子が作り出す非常に小さな磁場がそろうことによって生じる。このような原子レベルの磁場は、電子スピンや電子の軌道運動によって生じる。外から磁場をかけると原子レベルの磁場がそろうが、磁場を取り除いた後も原子レベルの磁場が揃った状態を保てるのは、強磁性材料だけである。つまり、永久磁石は強磁性材料を用いて作られている。強磁性材料には、鉄、コバルト、ニッケルなどがある。

 磁石の強さは磁束密度であらわされ、単位はガウスである。地磁気の大きさは0.5ガウス程度である (Marshall and Skitek 1987)。家庭用冷蔵庫に使われている磁石は約1000ガウスである。水や燃料の磁気処理用の磁石の強さは、宣伝によれば2000から4000ガウスであるが、これは格別に強い磁石であhない。8000ガウス程度の永久磁石であっても簡単に入手できる。水や燃料の磁気処理用磁石は何も特別なものではなく、普通の磁石である。

水の硬度

 硬水であるとは、石鹸を泡立てるのに沢山の石鹸が必要になる水のことである。洗濯をするのにより多くの石鹸が必要になる水が硬い水だと考えられてきた。

 水の「硬さ」とは水に溶けているミネラル量の指標である。水が土や帯水層にしみこむときには石灰岩やドロマイトに接することがよくある。適当な条件下では、これらのミネラルが少量地下水に溶け込んで、水が硬くなる。水の硬度は溶解している鉱物(ミネラル)の濃度で定量化される。水の硬度を上げる最も一般的なミネラルは、カルシウムやマグネシウムの炭酸塩や硫酸塩である。これらのミネラル総量が17ppm以下であれば、Water Quality Associationの基準で水は軟らかいとされる(Harrison 1993)。適度に硬い水はミネラルが60から120ppmである。非常に硬い水は180ppm以上である。

 硬水はしばしばミネラルがスケールを形成するので望ましくない。スケールとは溶解しているミネラルが固体になったものである。水の硬度を上げるミネラルは、水の温度が上がると水に溶けにくくなる。そのようなミネラルは、水を温めるヒーターやバスタブ、温水パイプの内側に付着する。スケールの付着によって皿洗い器などの寿命が短くなる。硬水では、必要な石鹸の量が増えるし、皿の上にできる石鹸かすの量も多くなる。

 家庭や事業所では、硬水が引き起こすこれらの問題を解決するために軟水器を使用する。軟水器は、問題となる水に溶解しているカルシウムやマグネシウムイオンを、イオン交換ビーズに水を通過させることで除去する。ビーズは最初、濃度の高い塩(塩化ナトリウム)溶液に浸され、ビーズのイオン交換サイトがナトリウムイオンで飽和した状態になっている。イオン交換サイトはカルシウムやマグネシウムに対する親和性の方が強いので、硬水を通過させるとカルシウムやマグネシウムイオンが捉えられて、ナトリウムイオンが放出される。従って、硬水中のカルシウムやマグネシウムイオンがナトリウムイオンに入れ替えれられる。ナトリウムイオンはスケールを作りにくく、石鹸かすも作りにくいので、硬水によって起きる問題を防ぐことができる。

 米国100都市での自治体が供給する水の1960件の調査によると、水の硬度は0から738ppmにわたっており、中央値が90ppmであることがわかった(see Singley 1984)。イオン交換器は水の硬度を、スケールや石鹸の沈殿が生じる条件よるずっと低い、0から2ppm程度に減少させる。

 イオン交換方式の軟水器の欠点は、定期的にイオン交換ビーズをナトリウムイオンで再生する必要があることである。このために、装置内の貯水槽に岩塩を加える。

水の磁気処理

 いろんな種類の水の磁気処理装置が販売されているが、ほとんどの装置は1個以上の磁石を水道の給水管の外側表面にとりつけるか、給水管の一部に挿入するかするものである。水が磁石の間を流れると、水に磁場がかかる。別の方式では、給水管の外側にコイルを巻いて電流を流すことで、磁場を発生させる。

 水の磁気処理装置の提供者は、水を磁場にさらすと、水の「実効的な」硬さが減ると主張する。典型的な主張の内容は、スケールの付着を除去し、温水費用を削減し、温水器や他の家庭用器機の寿命を長くし、石鹸や界面活性剤を有効に利用できるというものである。つまり、水の磁気処理によって、イオン交換型軟水器の効果と同じものが、岩塩の添加をしなくても得られるということなのだ。

 磁気処理によって、「実効的」あるいは「主観的」な水の硬さが減少する、という主張がなされているだけである点に注意が必要である。磁気処理によってカルシウムやマグネシウムが除去されるわけではないのだ。そうではなくて、磁場によってミネラルがスケールを形成することが減る、という主張なのだ。ミネラル濃度からみると水が硬水のままであっても、磁気処理水は軟水のように振る舞うと推定されている。

 磁気で軟水化された水はイオン交換で軟水化された水よりも体にいい、と主張する磁気処理装置の提供者もいる。イオン交換による軟水化は、水のナトリウム濃度を増加させるので、高血圧の人にとっては良くないという主張である。イオン交換によって水のナトリウム濃度が増加したとしても、軟水中のナトリウム濃度は、ほとんどの高血圧の人々に対して、影響を及ぼすには少なすぎる量である。塩分制限の食餌療法をしている人であれば、軟水化されているかどうかに関わらず水の中のナトリウム濃度にも気を配る必要がある。そのような人は、イオンを除去した水と低塩分の食物をとることを勧められている。

 磁気処理装置提供者の間での、水の磁気処理の効果のメカニズムについてのコンセンサスはないようである。様々な説明が提案されているが、そのほとんどは意味不明で中身はほとんどない。ごく少数の業者は、磁気処理の効果がある理由について、技術的に無理のない説明をしている。

 ここで重要な問題は、水の磁気処理は効果があるのかどうかということである。その答えを見つけるために、筆者は、関係する科学技術雑誌の論文を探すことにした。その結果を以下に示す。

 100を越える論文や報告書が入手可能な形で公開されていることからみて、磁気処理水は科学のコミュニティーで関心を持たれていることがわかる(e.g., see reference list in Duffy 1977)。しかし、報告されている水の磁気処理の効果は定まったものではなく、しばしば矛盾している。多くの場合、研究者たちは磁気処理にはこれといった効果が見いだせなかったと報告している。そうでないときは、効果があるとされる妥当な証拠を提出している。

 Liburkinら(1986)は、磁気処理がギプス(硫酸カルシウム)の構造に影響することを発見した。磁気処理水の中では、磁気処理しない水の場合と比べてギプス粒子が大きくなり、より規則的な向きに揃うことがわかった。同様に、Kronenberg (1985)は、普通の水では炭酸カルシウムの沈殿物が樹枝状(枝分かれした、あるいは樹木のような)形であるのに対し、磁気処理水中では円盤型の粒子になりやすいことを報告している。その他の研究者たち(例えばChechel and Annenkova(1972)やMartynovaら(1967))も、磁気処理が沈殿物の構造に影響することを報告している。スケール生成は沈殿と結晶化のプロセスで起きるので、これらの研究結果は、水の磁気処理がスケール生成に影響することを意味している。

 磁気処理が水分子間の水素結合の性質に影響するという仮説を唱える研究者もいる。そのような研究者たちは、水の光の吸収、表面張力、pHなどが変わったと報告している(e.g., Joshi and Kamat 1966; Bruns et al. 1966; Klassen 1981)。しかし、これらの効果は追試でも再現するとは限らない(Mirumyants et al. 1972)。さらに、そのような持続する効果が現れるには、水分子間の水素結合の緩和時間は遙かに短いし加えられた磁場の強さは小さすぎるから、水の磁気処理が水分子そのものに影響することは起こりそうにない。

 Duffy (1977)は、磁気処理によってスケール生成が押さえられるのは、磁場が液体に効果を及ぼしたからではなくて、磁石の成分や磁石周辺の配管から微量の鉄が溶けだしたためであるという実験的証拠を提出している。鉄イオンは、スケール生成速度を抑え、軟らかいスケールの生成を促す働きがある。Buschら(1986)は、磁気処理装置を水が通過することによって生じる電場を測定している。このデータは、Duffyが報告したスケール生成に影響する鉄イオンの生成には、誘導電流によって引き起こされる化学反応が原因となる、という仮説を支持するものである。

 磁気処理によって直接生じる効果については、加えた磁場が水の中に分散した粒子の表面電荷と相互作用する、というコンセンサスがあるようだ(Donaldson 1988; Lipus et al. 1994)。Krylovら(1985)は、炭酸カルシウムの粒子の電荷が磁場を加えることで有意に影響されることを発見した。粒子の電荷の変化は、加える磁場を強くすると増加した。

 Gehrら(1995)は、磁気処理が、分散あるいは溶解した硫酸カルシウムの量に影響することを見つけた。磁気共鳴分光器によって作られる非常に強い磁場 (47,500ガウス) を用いて、非常に高硬度(炭酸カルシウム濃度1700ppm)の硫酸カルシウムの懸濁液の試験を行った。2分間の磁気処理で、溶解しているカルシウム濃度が約10パーセント増加した。さらに、粒子の平均電荷が23パーセント減少した。この結果は、他の結果 (Parsons et al. 1997; Higashitani and Oshitani 1997)と同様に、磁場の印加にによって溶解や結晶化が影響を受けることを示している。

 ある種の磁気処理の効果が本当かどうかはともかく、消費者にとって一番大事な次の質問は、磁気処理装置が広告の通りに働くかどうかである。

 文献によると、おびただしい数の磁気処理装置について、不確かな成功と失敗の報告があることがわかる (Lin and Yotvat 1989; Raisen 1984; Wilkes and Baum 1979; Welder and Partridge 1954)。これらのフィールドテストは様々な条件で行われており、効果があったという報告が果たして磁石のみの効果なのかそれ以外の要因によるものなのか、対照実験がないのではっきりしたことはいえない。

 市販の磁気処理装置には、制御された条件下でテストされたものもある。残念なことにその結果は相反するものである。 Duffy (1977)が、市販の磁石を内部に設置する方式の装置の試験を行ったときは、熱交換機への炭酸カルシウムスケールの析出に対して全く効果がなかった。一方、Lipusら(1994)によれば、ELMAG装置のスケール防止効果が証明されたが、しかし彼らは十分なテストデータを提出していない。

 Buschら(1997)は、スケールの形成を、磁気処理した硬水としていない硬水について測定した。実験室で調整した硬水を用い、まっすぐなパイプの代わりに磁気処理装置をとりつけたときに、スケールの形成が22パーセント減少することが観測された。しかし、同じ装置で磁化していないものをとりつけた場合も、17パーセントの減少がみられた。Buschら(1997)は、装置内部での水流の乱れが17パーセントの減少をもたらしたのであり、磁場の効果は5パーセント分ではないかと考えた。川の水を用いて同様の実験を行ったところ、磁気装置の有無によるスケール形成の違いはみられなかった。この否定的な結果については特に説明がなされていない。

 HassonとBramsonは、市販の水の磁気処理装置について、別の研究を行った。装置供給者の技術的管理のもとで、彼らは、装置がパイプ内における炭酸カルシウムスケールの蓄積を防ぐ効果がどのていどあるかについて試験した。ポンプを用いて鉄製の鋳造パイプに非常に硬度の大きい水(300から340 ppm)を流し、定期的にパイプ内を観察することでスケールの蓄積する速さを求めた。磁場の印加は、スケールが蓄積する速さと付着したスケールの性質の両方に対して全く影響しなかった。

 カスタマーレポートマガジン(Denver 1996)は、Descal-A-Matic Corporation製の535ドルの磁気処理装置を試験した。水用の電気ヒーターが2つ、カスタマーレポートでとりあげた家にとりつけられた。一方のヒーターには、磁気処理装置を通過させた硬水(200 ppm)が流された。もう一方のヒーターには磁気処理しないものが流された。2年以上経った後、電気ヒーターは両方とも切って中を開けられたが、このときまでにどちらのヒーターも10000ガロン以上の水を加熱していた。タンクの中には、同じ量と質感のスケールがあることがわかった。カスタマーレポートは、Descal-A-Maticの装置は効果がないと結論している。

 大多数の実験室で得られたデータによれば、水の磁気処理装置は効果がないことになるが、それでも、工場用に設置されたものの結果には、依然として効果があるという報告がある(e.g., Spear 1992; Donaldson 1988)。この矛盾した結果からいえることは、もし磁気処理装置がスケール防止に効果があるとしたなら、それは工場内に偶然存在する何らかの条件のもとでしか効果を示さないということである。現状では、望んだ結果が得られたり得られなかったりするので、決着をつけるための信頼できる指針は無さそうである。

 住宅向きの磁気処理装置の効果の1つに、洗浄においてより少ない石鹸や洗浄剤で済むというものがある。スケールを押さえるという主張に比べ、文献中ではこの主張そのものへの注目は少ない。石鹸や洗浄剤の消費を減らすには、硬度のもとになっているミネラルの濃度を減らさなければならない。先に述べたように、Gehrらによる試験(1995)では、ミネラル濃度が10パーセント減少した。もし、溶解しているミネラル濃度に対する減少割合が再現性よく磁気処理によって得られるならば、石鹸と洗浄剤の使用量が有意に減るということは起こりそうにない。例えば、Gehrらの結果に基づいて推定するならば、ミネラル濃度100ppmの水に対しては、磁気処理はその硬度を90ppmに下げるだけであることが予想される。

 水を磁気処理することで有益な効果があるのか?ことによっては。

 水の磁気処理装置に対して、数百ドルをつぎ込むだけの有益な効果を確信できるほどに、十分な証拠があるのか?そんなことはなさそうだ。水の磁気処理の理解の第一歩は、磁気処理の効果が確実に予測できるかということと、それが経済的に魅力的に見えるかということをはっきりさせることからだ。

 磁気による水処理は、イオン交換処理と同じものなのか?断じて同じものではない。現状では、簡便な水の軟化処理技術の方が明らかにずっと信頼できて効果もある。さらに、イオン交換式軟水器の初期コスト(500ドル前後)は、磁気処理装置と同じ程度である。

燃料の磁気処理

 自動車にとりつけられる燃料の磁気処理装置は、水の磁気処理装置と似たような形をしている。炭化水素燃料が、1個あるいはそれ以上の磁石や磁気装置が燃料パイプの外側から取り付けられているキャニスターに送り込まれる。燃料の磁気処理の結果、馬力が増え、走行マイル数が増え、有毒なガスの放出量が減り、エンジンの寿命が延びると主張される。

 一般的には、販売者は走行マイル数と馬力の両方が10から20パーセント増加するだろうと主張する。彼らは、もし、走行マイル数に変化がなかったときは、より大きな馬力となって効果が現れると主張する。これは、消費者が燃料の磁気処理装置が本当に働くのかどうか判断するのを難しくする。

 燃料の磁気処理の研究に関する文献検索を行ったところ、そのような研究は事実上存在しなかった。私は文献を3つ見つけた。そのうちの2つは(Daly 1995; McNeely 1994)、磁気処理装置を使うことでディーゼル燃料中の微生物を殺すとう裏付けのとぼしい説明で、燃料の磁気処理装置の販売者が普段話題にするものではなかった。

 3番目の文献(Tretyakov et al. 1985)は、磁場を印加することによって、炭化水素燃料の電気抵抗と誘電特性が変化することを報告している。この報告は、観測された物理的変化がエンジン内での燃料の効率に影響するかどうかについては取り扱っていないが、効率にかんするデータを記述している文献を2つ引用(Skripka et al. 1975; Tretyakov et al. 1975)している。残念ながら、私はどちらの文献も入手できなかったし、おまけに両方ともロシア語で書かれている。

 私の文献検索は、これ以外の、燃料の磁気処理に関する確かな研究報告を見つけることができなかった。

 出版された試験結果がまったくないことがはっきりした。販売者によれば、燃料の磁気処理は少なくとも40年間行われている。もし、それが主張の通りに働くのなら、今ではありふれたものになっているはずだ。しかしそうはなっていない。

 燃料の磁気処理装置の販売者は、この理由について、自動車会社と巨大な石油会社がガソリンの需要を維持するために、燃料の磁気処理をやめさせる陰謀を企てているということをほのめかす。この陰謀は、他の燃料注入やコンピュータ制御などの燃料節約のための技術革新をやめさせてはいない。

 まとめると、私は、燃料の磁気処理装置の販売者によって主張される、エンジンの効率を上げるという証拠となるデータを見つけだすことができなかった。そのようなデータが得られるまでは、十分疑ってかかるのが適切だ。今のところ、宣伝されているような燃料の磁気処理の利点が現実のものだということは、まずありそうにないことだ。

2005 08 03 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

磁力で燃費改善!?クリーンパワーマグ・YUZOX

細田勇蔵なる人物が、怪しい商売を科学的に斬ることで有名な山形大の天羽先生にイチャモンをつけているようです。

この細田氏は、細田商店で、「磁気で燃費改善」「磁気で水クラスターを分解」すると言う「クリーンパワーマグ・YUZOX」を販売しているようです。

このクリーンパワーマグ、どっかで見たことあると思ったら、探偵ファイルで大々的に特集していました。
ガソリン値上がり対策に
値上がり続けるガソリン対策に
また登場! 値上がり続けるガソリン対策に
クリスマス限定! ~燃費向上アイテム~
過去の名作劇場 最大40%燃費向上アイテム!!
速報! また値上がりしたガソリン
あなたの車に救世主が舞い降りる!
またガソリン高騰!対策は、コレで!

記事には「広告」とも書いてないし、ウェディング問題の記事も書いてくれた良識ある探偵ファイル様が、たとえお金のためでもウソばかり書くはずはありませんから、きっと燃費は向上するのでしょう。

天羽先生のページには、、磁気処理には水を軟らかくしたり燃料の可燃性を高めたりする効果があるといわれている。本稿では、これらの主張が十分なデータに裏付けられていないことを明らかにすると言う英語の文献が紹介されてますが、どうなんですかね。

ところで、省庁からの表彰状紹介と言うことで、工業統計調査に関する表彰状をもらっているようなのですが、統計調査員とやらを何回かやると表彰してもらえるようです。ちょうど今年は、国勢調査の年ですし、表彰を目指して国勢調査員をやってみるのもよいかもしれませんね。ちなみに、国勢調査員は非常勤国家公務員です。でも、たまには調査に行って殺されることもあるので、注意が必要かもしれません。

国勢調査員の主婦が、調査先の男に殺される 25歳男性、逮捕--広島

1990.10.10 東京朝刊 27頁 社会 写図有 (全667字) 
 広島市安佐南区祇園五丁目の竹やぶで八日、近くの会社員、山崎辰弘さん(38)の妻で国勢調査員の和代さん(36)が遺体で見つかった。広島県警捜査一課と広島北署は、首を絞められて窒息死した疑いが濃い、との司法解剖結果から殺人の疑いで捜査を開始。九日早朝になり、和代さんが調査を担当したトラック運転助手、藤重元彦容疑者(25)=安佐南区祇園五=が同署に出頭、自供したため、同日午後五時、殺人、死体遺棄容疑で逮捕した。

 藤重容疑者は調べに対し、「急にやってしまった」と供述しているが、同県警は国勢調査の回答をめぐるトラブルがあった可能性もあるとみて追及する。総務庁国勢統計課によると、大正九年に国勢調査を始めてから、調査員が訪問先で殺されたのは初めて。

 調べでは、藤重容疑者は七日夕、調査票を回収に来た和代さんを自宅居間で手で首を絞めて殺し、遺体を同日深夜、自宅の南約百五十メートルの竹やぶに捨てた疑い。

 殺された和代さんは、自宅周辺の約七十世帯を担当、遺体のそばに落ちていた和代さんの調査状況を記したメモから調査票が未回収になっていたのは藤重容疑者方を含め二世帯だった。広島県警は和代さんが七日午後五時半ごろ、未回収の二軒を回りに自宅を出たまま行方不明になったことから捜査員が八日、藤重容疑者に対し聞き込み捜査をした。その際、藤重容疑者は「(和代さんは)七日正午ごろ調査に来たが『うちは回答しない』と断ったら帰った」と答えたと言う。

 和代さんは夫と小学六年の長女、同四年の二女の四人家族。近所の人の話によると、地区の子ども会会長を務めるなど世話好き。

毎日新聞社

2005 08 03 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック