悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005.03.25

ぷよぷよニュース

Windows版ぷよぷよフィーバー、ネットカフェに導入。同時に昇級ルールなどを変更

いいニュースだ。
最近、スランプなので4段に降格したけど、新ルールだと、どのくらいになるかなあ。

2005 03 25 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.23

逆転裁判

Amazon.co.jp: ゲーム: 逆転裁判 BEST PRICE

買った

2005 03 23 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.19

「独島は日本領土」などネットの親日コミュニティーを閉鎖

Japanese JoongAngIlbo

ポータルサイト「ダウム」は、17日「『独島は日本領土』(cafe.daum.net/GOilbon)など親日コミュニティーが青少年に有害な情報だ」という情報通信倫理委員会(情通倫)の意見を受け入れ、5の親日コミュニティーへのアクセスを遮断する措置を取った、と伝えた。

お隣、韓国の事例ですが、「青少年の健全な人格作りや市民意識の形成のため」という美名が、いかに利用されやすいかの典型ですな。

2005 03 19 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

2005.03.17

TCP/IPソケットプログラミング C言語編

Amazon.co.jp: 本: TCP/IPソケットプログラミング C言語編
Amazon.co.jp: 本: UNIXネットワークプログラミング入門

買った

2005 03 17 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.16

「無視された」と書いたら採用された

昨日、電脳遊星Dにタレコミ送ったら無視されたと書いたら、その記事を読んで、タレコミが採用されました。

2005 03 16 | 固定リンク | コメント (7) | トラックバック

2005.03.15

電脳遊星Dにタレコミ送ったら無視された

電脳遊星Dが、山谷えり子議員の発言を引用して人権擁護法案を批判していたので、「山谷えり子議員自体が、問題ありますよ」とメールしたら無視されました。

引用された山谷えり子議員の発言

区別は差別だと言って、林間学校で男女が一緒に寝たり、トイレの表示の色を同じにして混乱がおきたり、小学生にセックスのやり方を教えるなど、とにかく非常識である。それを東京都がチェックして116人の教師が処分されたら、このことで教育の機会が奪われたと言って、8000件の人権救済申し立があった。

タレこんだURL
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/topic/topics2004b.html#0705

国会でジェンダーフリー・性教育バッシングの中心人物となっている山谷えり子議員は、『世界日報」(国際勝共連合機関紙)にたびたび登場しています。「禁欲教える価値観こそ必要」(2002年10月31日号)、「フリーセックスを奨励する」「日本では一部の性教育者たちの思い込みで過激な性教育が選択の余地なく行われている」(2002年11月4日号)などという発言をしています。そうした発言を国会の場でも行なっているのです。

参考:世界日報(wikipedia)

2005 03 15 | 固定リンク | コメント (8) | トラックバック

確定申告

やっと、確定申告の書類を作った。
今年は、広告費が黒字なので、税金を納めないといけない(去年は、還付された)。

2005 03 15 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.11

Rubyを使ってWordの新規文章を作成する

参考: Visual C# .NET からオートメーションを使用して、Word で新しい文書を作成する方法

#! /usr/local/bin/ruby -Ks

require 'win32ole'

word = WIN32OLE.new( 'Word.Application' )
word.Visible = true
doc = word.Documents.Add()
para1 = doc.Content.Paragraphs.Add
para1.Range.Text = "新規文章です。"

2005 03 11 [プログラム] | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.10

MS.NETでのテスト駆動開発

Amazon.co.jp: 本: MS.NETでのテスト駆動開発
Amazon.co.jp: 本: XPエクストリームプログラミング実践入門

買った

2005 03 10 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.08

デスノート

Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE (1)
Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE (2)
Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE (3)
Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE (4)
Amazon.co.jp: 本: DEATH NOTE 5 (5)

買った

2005 03 08 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

ろじっくぱらだいす

ろじっくぱらだいす

買った。
ろじっくぱらだいすは、面白いです。毎日更新されるし、今、一番尊敬するサイトです。

2005 03 08 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.07

Suica専用改札が増えていて、むかつく

通れる改札が減って不便なんだけど、どうにかならんのか?
Suica使ってやってもいいから、回数券機能を導入しろ。
JR東日本の説明

2005 03 07 | 固定リンク | コメント (2) | トラックバック

読売新聞の捏造記事

バーチャルネット思想アイドルやえ十四歳より

2005 03 07 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック

2005.03.02

中3ら6人を「決闘」容疑で逮捕

中学生ら6人を逮捕、書類送検 警視庁

決闘罪なんてものが、あったのか。

法令データ提供システムより
--------------------
明治二十二年法律第三十四号(決闘罪ニ関スル件)
(明治二十二年十二月三十日法律第三十四号)

第一条
 決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス


第二条
 決闘ヲ行ヒタル者ハ二年以上五年以下ノ重禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス


第三条
 決闘ニ依テ人ヲ殺傷シタル者ハ刑法ノ各本条ニ照シテ処断ス


第四条
 決闘ノ立会ヲ為シ又ハ立会ヲ為スコトヲ約シタル者ハ証人介添人等何等ノ名義ヲ以テスルニ拘ラス一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス
○2情ヲ知テ決闘ノ場所ヲ貸与シ又ハ供用セシメタル者ハ罰前項ニ同シ


第五条
 決闘ノ挑ニ応セサルノ故ヲ以テ人ヲ誹毀シタル者ハ刑法ニ照シ誹毀ノ罪ヲ以テ論ス


第六条
 前数条ニ記載シタル犯罪刑法ニ照シ其重キモノハ重キニ従テ処断ス

2005 03 02 | 固定リンク | コメント (1) | トラックバック

2005.03.01

弁護士ランキングについて

Winny事件で有名な「壇弁護士のblog」に、以下のような記事が出た。
本人がどうしてもと言うので

後半に名前が出ている愛須勝也弁護士の評価については、本人より1月15日にメールが来て、現在、修正のための話し合いが行われている最中である。

それはそれで特に問題は無いのだが、たまたまメールのやり取りをしていることもあって、愛須弁護士に以下のようなメールを送ってみた。ここで「フェア」とは、私に対してのものではなく、インターネットの読者に対して「フェアでは無いのでは?」と言う意味である。

壇弁護士のblogを見ました。第3者を使って、評判を操作しようとするのは、あまりフェアな態度では無いと思います。

そうしたところ、以下のような返事が来た。

なお、壇弁護士のブログについても、酒の席上、同弁護士がブログに書いたような話をしたことがありますが、これとて、私が壇弁護士に援護射撃をしてもらっている訳でもありません。

壇弁護士が、自らのランキング入りに関するエピソードの一つとして、私の話を持ち出しただけでしょう。彼も、私が彼に助けを求めたのを紹介するとしか書いてないですよ。

主題がどこにあると感じるかは人それぞれだが、タイトルが「本人がどうしてもと言うので」となっていて、壇弁護士がコメントで書いているように「この記事のメインは、愛須弁護士とお嬢さんのほのぼのした会話です」なのだから、愛須弁護士のランキングに対する疑義が主題であるはずである。

構成としては、
1.自分が大阪1位になっていることなどあり得ないため、ランキングは信用できない
2.信用出来ないランキングで下位になっている愛須弁護士の評価も、当然、信用出来ないはずである。
となっており、どう読めば「エピソードのひとつ」となるのか、全く分からない。

そもそも、壇弁護士の言う

私のようなポッと出の弁護士が、大先生の上ということはあり得ない。
第一、私は、まだ何も勝ち得ていない

と言う理屈もおかしい。

この理屈の背景にあるのは、良く言えば「男は黙って背中で語る」なのだろうが、悪く言えば「愚民どもに、説明する義務は無い」と言うことである。インターネット上のランキングで、事務所のWEBサイトさえ開設していない弁護士が上位に位置する方が、むしろ「あり得ない」。

「大先生」などとおべっか使う前に、インターネット時代と言うよりディスクロージャー時代に対応した、弁護士としての職責と使命を考え直すべきだろう。

2005 03 01 | 固定リンク | コメント (6) | トラックバック