悪徳商法?マニアックス ココログ支店

悪徳商法総合情報紹介ページ ~騙すなら、素敵にだまして~  本家「悪徳商法?マニアックス」は、こちら

« 日テレ、今日の出来事で、デート商法特集 | トップページ | パソコンが重い… »

2005.02.06

松下の不買運動するなら、サイボウズも不買運動するべきなのでは?

サイボウズ vs ネオジャパン 著作権侵害訴訟

サイボウズが、根拠の無い主張によって、訴訟恫喝を行った例。
仮処分で、一旦「販売禁止」にもなっています(ジャストシステムには、仮処分が行われていない)。

著作権侵害に関するサイボウズの請求が棄却…東京地裁

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会のコメント

 サイボウズ株式会社は、インターネット時代のグループウエアメーカーとして、非常に活力ある企業のひとつです。当協会には、知的財産の重要性について深く理解をいただいた上で、会員企業として参加いただいており、ともに、著作権の普及・啓発活動を行って参りました。さて、製作者が多大な時間や労力、「知恵」を集結し、ソフトウエアのコンセプトを表現した「画面表示」や「画面の遷移」は、グループウエアのようなビジネスソフトウエアの“生命”と言うことができるでしょう。このことから、今回の訴訟の対象であるグループウエアの画面表示・画面遷移については、創造的・創作的な表現物であると考えています。

 本日の判決は、残念ながら、原告の主張を認めなかったものですが、ソフトウエアの著作物性は多面的に評価できること、また、他の知的財産権とも重畳的に保護され得ることなどを考慮しながら、ソフトウエア業界として、今後の権利保護のあり方について、再度議論・検討していかなければならないでしょう。


2005 02 06 | 固定リンク このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26611/2821718

この記事へのトラックバック一覧です: 松下の不買運動するなら、サイボウズも不買運動するべきなのでは?:

コメント

コメントを書く